カウンセリングでプロに相談も。離婚うつの解消法

環境を変え過去と決別し気分一新する

引越しをするなり、旅行をするなり、離婚劇を繰り広げた記憶の残る場所を一度は離れます。その場所から一時でも遠く離れることで、これまでの出来事を客観的に眺め過去のものとし区切りをつけることができれば、新たな気持ちでゼロからスタートしようという勇気と希望が湧いてきます。

どんなに相手が悪いと思っても自己責任を受け入れる

相手に非があったから離婚に至ったという気持ちが勝っているうちは、離婚ストレスから脱け出せません。相手のせいだ、責任をとるべきだ、と思えば思うほど、ストレスは増大していきます。

相手のとった行動の責任の一端は自分にある、そもそもこの相手を選んだのは自分なのだ、自分で蒔いた種なのだから自分で刈り取るのが当然なのだと心底納得できれば、一時的にストレスは大きくなってもやがて軽減され、心の平穏を取り戻すことが出来るでしょう。

感情をすべてさらけ出す

悲しみ、憎しみ、怒り、混乱、絶望、後悔、恨み、嫉妬、罪悪感、喪失感、不安、孤独……これらの感情をすべていったん吐き出します。子どもがいる場合は、感情を抑え隠し、我慢してしまいがち。でも、それでは離婚ストレスを引きずり続けてしまいます。

子どもの前では元気にしていても、カウンセラーや友人の前で、一度は思い切りありのままの感情をさらけ出し、泣きたいときは思う存分泣いて、離婚に伴う負の感情を流し浄化してしまうことが大切。

新しい事を始める

よく言われるのが環境を変える事です。 自分で努力する事よりもいっそまわりの環境を変えてしまう方法が一番無理なく楽です。金銭的に余裕があるのであれば、思い切り贅沢に旅行をしたり、 スパやエステでリフレッシュするのも良いでしょう。

しっかり涙を流す

涙を流す事は、心の浄化作用があり 大きくストレスを軽減させる働きがある事が知られています。 中途半端に気持ちを我慢しぐっとこらえるのではなくて、 どこかの場所でしっかり発散して気持ちを思い切り吐き出す事が大事です。

新しい事にチャレンジしてみる

環境を変えると気分も変わり、うつ病対策になります。自分で努力して自分自身を変えようとするのもいいですが、まずは自分の周りの環境を変えてみましょう!思い切って長期旅行に出てみるのもいいでしょう。一時的なリフレッシュであれば温泉やエステサロンに行ってリラックスしてみるのもおすすめです。

離婚カウンセリングを利用する

色々ストレス解消法を試してみたものの、まだ何だか気持ちが重い…という人は、離婚のプロに相談してみるといいでしょう。NPOや自治体などでも、離婚後のカウンセリングを受け付けているところがあります。

利用者満足度で選ぶならマイナビ看護師
  • どこよりも詳しい情報を教えてくれる
  • 応募前に求人先の病院をしっかり見ることができる
  • 一般企業や治験業界など病院以外の求人も多いのが特徴
マイナビ看護師【公式】

おすすめ記事

サポート力で選ぶなら看護のお仕事
  • 転職支援金最大12万円支給
  • カウンセリングに力を入れているのが特徴
  • 給与や福利厚生が充実した求人が豊富
看護のお仕事【公式】
求人数で選ぶならナース人材バンク
  • 全国10万件以上の看護師業界トップクラスの求人数!
  • 地方の求人も充実しているのが特徴
  • ブランクや復職、サポート制度あり
ナース人材バンク【公式】