一番はホルモンバランスの乱れが大敵。産後うつの原因とは

産後うつとはその名の通り、産後に現れるうつ症状のことです。

育児へのプレッシャーや不安などがストレスになって発症するもので、うつ病の一種と考えられています。旦那さんや両親の協力を得られず、1人で育児のすべてを抱え込んでしまっているママほど発症しやすく、家事も育児も完璧にこなしたいという人や責任感が強い人は特に注意が必要です。

生活環境や生活リズムが変わってしまう

産後は赤ちゃん中心の生活になるので、食べたい時に食事をとる、寝たい時に寝るといった自分の思い通りに物事が進まないのが当たり前になります。今までにはなかった赤ちゃんのお世話はもちろんのこと、夜泣きなどで夜眠れないこともしばしば。これまでの生活リズムを取ることが難しくなってしまいます。

夫への不満爆発女性は子供をお腹に宿しているときから、母親としての自覚が芽生えると言われています。

しかし、実際にお腹を痛めることのない男性は、父親としての自覚を持つのは女性より後。無自覚な夫に対してイライラしてしまう女性が多いようです。

まとまった睡眠をとるのが難しい状況です。

赤ちゃんのお世話による不眠、寝不足産後間もない赤ちゃんに、昼夜の区別はありません。しかも母乳育児の場合、最初は1~2時間おきに授乳しなければなりません。そのたびにオムツも取り替え、あやすために抱っこ。まとまった睡眠をとるのが難しい状況です。

ホルモンバランスの乱れが、自律神経に影響を及ぼし、産後うつの症状を引き起こします。

産後うつの主な原因の一つは、出産後のホルモンバランスの乱れです。妊娠中に分泌されていた女性ホルモンの「エストロゲン」と「プロゲステロン」が激減し、授乳ホルモンである「プロラクチン」が急増することで、ホルモンバランスが大きく変動します。

身体的にも精神的にも疲れ切ってしまいます。

本来なら、育児は数年という短い間のママと赤ちゃんの素敵な時間です。しかし、授乳や夜泣きなど1日中赤ちゃんに付きっきりの生活で、ママは家事どころか自分の食事の時間すらままならなくなります。そのため、身体的にも精神的にも疲れ切ってしまいます。

赤ちゃんが小さいうちは、育児に追われてしまうため、周囲の人と会う時間を作ることが難しくなります。

さらに近所付き合いの少ない核家族であったり、夫の帰りが遅く話す時間が取りにくかったりすると、悩みや不安を誰にも話すことができなくなってしまいます。

産後のママの体は妊娠前の状態に戻ろうとするためにホルモンバランスが変化し、心身ともに不安定な状態になっています。

ここに育児疲れや孤独感、家事と子育てを両立できないことへの罪悪感などが作用して、産後うつを発症すると考えられています。

利用者満足度で選ぶならマイナビ看護師
  • どこよりも詳しい情報を教えてくれる
  • 応募前に求人先の病院をしっかり見ることができる
  • 一般企業や治験業界など病院以外の求人も多いのが特徴
マイナビ看護師【公式】

おすすめ記事

サポート力で選ぶなら看護のお仕事
  • 転職支援金最大12万円支給
  • カウンセリングに力を入れているのが特徴
  • 給与や福利厚生が充実した求人が豊富
看護のお仕事【公式】
求人数で選ぶならナース人材バンク
  • 全国10万件以上の看護師業界トップクラスの求人数!
  • 地方の求人も充実しているのが特徴
  • ブランクや復職、サポート制度あり
ナース人材バンク【公式】