妊娠前から10kg以上増も!?産後ダイエットで無理なく痩せる方法

産後すぐに始められる産褥体操。

ダイエットだけでなく
・子宮収縮を良くする
・血流を良くし、母乳の出を良くする
・リラックスする
という沢山の良い事があるので産後すぐにオススメ。

自分の体に合った産後用のガードルやベルトを取り入れてもよいでしょう。

どんなに頑張って運動をしたり食事制限をしたりしても、姿勢が歪んでいたら美しくありません。

産後ヨガ教室に通ってママ友を作るという方法もあります。

人とコミュニケーションを持つことで、ストレスを吐き出したり、「きれいにしなくちゃ」という意識につながったりして、さらに産後ダイエットに力が入るかもしれませんよ。

カロリーセーブは「酵素ダイエット」がらくちん

酵素は体内のあらゆる働きに必要なもので、脂肪を燃やすのには「代謝酵素」が不可欠です。
酵素ドリンクで酵素を補うことで、効率よく脂肪が燃やされます。

また、一食を酵素ジュースに置き換えるのでカロリーセーブも簡単です。

以下が厚生労働省が発表している20代~40代女性の1日の必要エネルギー量です。(※身体活動レベルが低め)

【18~29歳】
一般女性:1,700kcal
授乳中女性:2,050kcal

【30歳~49歳】
一般女性:1,750kcal
授乳中女性:2,100kcal

食物繊維が豊富な寒天でダイエット

母乳をつくるために体は水分を消費し、産後は便秘になってしまったというママも多いですよね。粉寒天と沸騰したお湯を混ぜるだけでできる寒天は、ゼロカロリーなうえに食物繊維が豊富なダイエット食品です。
スーパーなどで簡単に手に入り、調理も楽にできるので、産後ダイエットの強い味方になってくれますよ。

母乳育児を積極的に行う

母乳は、血液に溶けている栄養が乳房の中にある毛細血管へ浸透して生成されます。ママは赤ちゃんに栄養を与えるために、1日約600kcalを母乳によって消費するといわれています。

青木さやかさんが取り組んだ産後ダイエット法は、「インスパイリングエクササイズ」です。

インスパイリングエクササイズとは、体の奥にある深層筋を鍛えることで骨盤を矯正し、体を綺麗な形に戻すダイエットです。

産後、思うように体重が戻らず激太りした状態でテレビ番組に出演し、視聴者を驚かせた藤本美貴さんが取り組んだのが「グラビティヨガ」です。

グラビティヨガとは、補助用具を使用して行うヨガで、体が硬い方でも無理なく体をストレッチすることができます。

最近、第二子を出産したばかりの木下優樹菜さんは、第一子妊娠の際15kgも体重が増えてしまったようです。

しかし、元の体型に戻してタレントとしてテレビの仕事に復帰するまで、特にダイエットらしいダイエットはしていなかったそうで、その代わり母乳育児は痩せると聞いて母乳で育てたことと、お風呂が大好きで毎日40分の半身浴を続けていたそうです。

利用者満足度で選ぶならマイナビ看護師
  • どこよりも詳しい情報を教えてくれる
  • 応募前に求人先の病院をしっかり見ることができる
  • 一般企業や治験業界など病院以外の求人も多いのが特徴
マイナビ看護師【公式】

おすすめ記事

サポート力で選ぶなら看護のお仕事
  • 転職支援金最大12万円支給
  • カウンセリングに力を入れているのが特徴
  • 給与や福利厚生が充実した求人が豊富
看護のお仕事【公式】
求人数で選ぶならナース人材バンク
  • 全国10万件以上の看護師業界トップクラスの求人数!
  • 地方の求人も充実しているのが特徴
  • ブランクや復職、サポート制度あり
ナース人材バンク【公式】