看護師の結婚の時期は?3年目から5年目が理想的!

看護師1年目、新人看護師で結婚

看護師1年目は仕事で覚えることも多く、新しい環境で新卒看護師として一人で頑張らなければならない辛い時期です。
職場によって差はありますが、かなり大変なのは間違いなく実際1年目で辞める看護師さんも多くいます。

看護師1年目で結婚するメリット

個人的には看護師1年目の結婚はアリだと思います。看護師1年目は体力的にも精神的にもかなりハードです。
そんな時に支えあえるパートナーがいれば、仕事面でもプラスに働くと思うからです。ただし看護師という仕事に対するパートナーの理解は必要です。

ただでさえ忙しい看護師の仕事ですが、やはり看護師1年目の時期は研修や、残業、勉強など仕事をかなり頑張らなければなりません。理想の新婚生活とは違うかも知れませんが、プライベートの幸せな時間よりも仕事を優先させる必要がでてきます。
結婚相手のパートナーにはその辺のところをしっかりと話し合い、理解してもらうことが重要です。

看護師1年目で結婚するデメリット

結婚はアリだと思いますが、妊娠はしない方がいいと思います。結婚しただけなら仕事は同じようにこなせますが、妊娠となると話は別です。
どうしても同じように働くことはできません。産休や育休も必要になります。

新人看護師1年目で妊娠・出産となると、看護師のキャリアとしては1年目でいきなり躓くことになります。
また、新人として頑張って仕事を覚えなければならない時期に結婚・妊娠となると、周りの先輩やスタッフの印象も良くないですね。
同じ職場で働き続けるとしたら、精神的にもかなりタフな状況になることは間違いないです。
あえてそんな過酷な状況に自分を追い込む必要はないかと思います。

子供は授かりものですが、看護師1年目、20代前半であればまだまだチャンスは十分あります。
せっかく看護師という職業を選んで、就職したのであればまずは仕事を頑張った方がいいと思います。

同じ理由で遠距離や転勤など、結婚して職場を辞める必要がある場合も結婚はおすすめしません。看護師1年目の結婚はこれまで通り働ける。仕事にプラスになる結婚には大いに賛成です。

看護師2年目で結婚

看護師2年目で結婚するメリット・デメリットは看護師1年目の時とほとんど同じです。
2年目とはいえまだまだ看護師としてひよっこです。妊娠、出産や今の職場を辞めることになる結婚は良く考えて下さい。

看護師3年目で結婚

看護師3年目になると職場や仕事にも慣れ、プリセプターとして新人看護師の教育も任されます。リーダー業務も始まり、やっと看護師として一人前と認められる頃でしょうか。

看護師3年目で結婚するメリット

1,2年目は日々の仕事をこなすことで手一杯ですが、3年目くらいから仕事にも慣れて余裕ができてきます。実際に3年目に結婚する看護師さんが一番多いみたいです。
看護師の仕事と自分の年齢などを考えて、結婚するタイミングを決めるのでしょうが。3年目はちょうどいい時期なんだと思います。

幸せのかたちは人それぞれですが、結婚を考えている看護師さんであれば自分のキャリアのどこかで出産・子育てに時間を割かなければなりません。また、結婚によって職場を変える必要なども出てきます。

看護師として一人前になる3年目、看護師としてのキャリアと、女性としての結婚・出産を考えるには良いタイミングだと思います。

看護師3年目で結婚するデメリット

看護師3年目はやっと一人前の看護師として認められ、結婚・出産だけでなく、転職など、看護師としてキャリアを改めて考える時期でもあります。
まさに看護師としてこれからという時期に、出産・育児などでブランクに入ってしまうことはキャリアとしては停滞することになります。

看護師5年目で結婚

看護師5年目ともなれば中堅看護師です。年齢的にも20代後半ですから結婚・出産を考えるにもちょうどいい時期です。

看護師5年目で結婚するメリット

看護師の結婚で考えなければならない問題に、再就職できるのかということがあります。
再就職や転職では経験年数が条件に定められている場合もあり、それがネックになることを恐れて結婚や退職を踏みとどまるということはよく聞く話です。
ですが看護師として5年の経験があれば、ほとんどそういったことが問題になることはなくなります。

今の職場を辞め転職することになっても融通が利く5年目に結婚というのは悪くないですね。
実際看護師4年目、5年目に結婚する看護師さんも多いです。

看護師5年目で結婚するデメリット

看護師5年目ともなればそろそろ管理職としての話も出てくる頃です。
この時期に結婚してブランクに入ることになるのはもったいないと思う人もいるようです。

とはいえ年齢的にも20代後半、幸せな家庭を築いていてもおかしくない時期、結婚・出産に対して焦りも出てくる頃です。どちらを優先するかは人それぞれ、後悔しない選択をしてください。

20代で結婚

統計的に見ても20代で結婚する看護師さんが一番多いです。
これまで通り変わらずに働けるのであれば結婚はいつでもいいと思いますが、職場を変える必要がある結婚や妊娠・出産はある程度経験を積んでからの方がいいでしょう。

あまりに早い時期に出産・育児などで仕事を離れてしまうと、職場での立場や、再就職などで苦労することになります。ある程度経験を積んだ、3年目から5年目に結婚するのが理想的です。

この頃はちょうど看護師としても一人前になり、自分のキャリアを改めて考える時期でもあります。結婚・出産なども含めて人生の転機とするには良いタイミングです。20代での結婚は同じ年代の相談相手が多いというのもメリットです。

30代で結婚

看護師の結婚の2回目の波は30代前半です。
ここまで看護師としてバリバリ働いてきたところから、一息ついて自分の人生を見直す時期です。
子供を考えているのであれば少し焦りも出てくる頃でしょうか。

30代と言えばもう立派な中堅看護師。仕事が楽しいと感じる一方、病院や上司への不満や、病棟の問題点などが見えてくる頃でもあり、責任や負担も大きくなります。
このタイミングで、結婚・子育てをしてゆっくりしたいと考える人も多いみたいですね。

看護師の30代は結婚・出産を考える女性としても、看護師のキャリアとしてもとても重要な時期です。幸せのかたちは人それぞれ、良く考えて選択すべきですが時には大胆さも必要です。

40代で結婚

40代となればもうベテラン看護師です。この頃の結婚となると目的は様々。
役職にも就き、収入も安定して生活の基盤もしっかりしているので、無理に結婚する必要はないわけです。
「出産を意識して焦っている」、「老後のパートナーが欲しい」など20代や30代の結婚とはちょっと目先が変わってきます。

40代の結婚となると婚活サイトやお見合いなどを利用する人も多くなります。
看護師という職業は良くも悪くも先入観が強い職業なので、看護師という職業を隠して婚活する人もいるようです。
「親の介護してくれる」、「収入が多い」とか勝手に勘違いする相手も多いのでしょう。

また40代ともなると、親の介護や自分の体調、離婚など、また違った問題も起きてきます。結婚を機に仕事をセーブするという考え方はアリだと思います。

まとめ

今の職場でこれまでと変わらず働くことができるのであれば結婚はいつでもいいと思います。
看護師は体力的にも精神的にもハードな仕事です。信頼できるパートナーがいるということは仕事面でもプラスになるはずです。

妊娠・出産や遠距離恋愛、結婚相手の転勤など、ブランクや職場を変えるような場合は慎重に考えて下さい。
特に看護師1,2年目で仕事を離れてしまうと、職場での立場や、再就職などで苦労することになります。看護師としてのキャリアを考えれば、ある程度経験を積む3年目から5年目まで我慢した方がいいと思います。

年代で言えばやはり20代で結婚する看護師さんが多いです。
結婚の2回目の波は30代前半です。看護師の30代は結婚・出産を考える女性としても、看護師のキャリアとしてもとても重要な時期です。
40代になると、親の介護や自分の体調、離婚など、また違った問題も起きてきます。

看護師の結婚ではこれまで通り働けるのか、そうでないのかがポイントになります。なので結婚した後のこと、妊娠・出産・育児なども含めて考えた方がいいと思います。

利用者満足度で選ぶならマイナビ看護師
  • どこよりも詳しい情報を教えてくれる
  • 応募前に求人先の病院をしっかり見ることができる
  • 一般企業や治験業界など病院以外の求人も多いのが特徴
マイナビ看護師【公式】

おすすめ記事

サポート力で選ぶなら看護のお仕事
  • 転職支援金最大12万円支給
  • カウンセリングに力を入れているのが特徴
  • 給与や福利厚生が充実した求人が豊富
看護のお仕事【公式】
求人数で選ぶならナース人材バンク
  • 全国10万件以上の看護師業界トップクラスの求人数!
  • 地方の求人も充実しているのが特徴
  • ブランクや復職、サポート制度あり
ナース人材バンク【公式】