看護師の【志望動機】の書き方・例文

採用担当に良い印象を与えるために大切な履歴書の項目「志望動機」。

「勉強させて頂きたい」、「貴院の理念に共感して」など使ってはいませんか?実は採用担当者にはこれらの言葉がマイナスに働いてしまうこともあるのです。しっかりと履歴書の志望動機のポイントを抑えておきましょう。

自分が志望する職場にとって、自分が何が出来るのかを書く

志望動機には「あなたが感じたメリット」を書くのではなく、「あなたを採用するメリット」を書くのです。これは勘違いしてしまう志望者が多く、これだけで場合によってはかなりのマイナスのイメージを採用側に持たせてしまう可能性があります。

あまり良くない例文「職場の良い所のみを書く」

例えば、「貴院で行われているブランク明けや新人に対する教育・研修制度が充実していることに魅力を感じました。」という志望動機の一文節。一見、別におかしい所なんてないんじゃないか?とも思えますが、これは志望する看護師から見た職場のメリットでパンフレットやHPを見れば簡単に情報が収集できる、言い換えれば誰にでも書くことができる文章なのです。

良い志望動機「職場への貢献度+自分の想い」

職場の制度を利用して自分がどう職場に貢献できるかまで落とし込まなくてはなりません。ですので、これを書きたい場合には続けて「前職での勘を一日も早く取り戻し、現在の進んだ医療技術や知識を取り入れ、長く活躍できる人材になれるよう努力していきたいと思います。」のように自分がこうしたいという想いを入れるようにしましょう。

ネガティブなものは、ポジティブに変換する

看護師の転職理由の上位には必ず「人間関係」があります。しかし、そのまま「人間関係が悪く、前職を・・・」と書いてしまっては採用側にあまり良い印象は与えられませんよね。

そんな時には「同僚の皆さんと協力しながら、看護師としても人間としても成長できたら」のようにポジティブなイメージを与える文章にしましょう。

当たり前ですが、文章の丸写しはNG

採用担当者はあなたのだけではなく、たくさんの看護師さんの履歴書に目を通すことになります。よくあるフレーズの丸写しは他の看護師さん達もしている可能性が高く、少しくらい言葉を変えたとしてもそこはプロ。またこの感じか・・・とそこから先の見る気を削いでしまう可能性もあります。

まずは頭の中で整理して実際に書き出してみましょう。

1.その職場を考えて応募したキッカケ
2.具体的に魅力を感じたポイント
3.自分自身のキャリア
4.理想の看護師像や目標

これらのことは人それぞれ異なることなので他の応募者とは違い、オリジナリティを出しやすくなります。上手に組み合わせて文章を作ると仕事に対する熱意や想いが伝わり、好印象を与えることが出来ます。

受身の謙虚さよりも、主体的な積極性が好印象

「一から教えて頂きたい」という言葉を使うことで謙虚さと教わる気がある、ということをアピールする看護師さんも少なくないと思います。しかし、これは捉えようによっては自分から学ぶという積極性がなく、消極的にとられる可能性も高いです。学生時代の実習中なら良いかもしれませんが、社会人だったら自発的に行動しなくてはなりません。

そのため、「教えて頂きたい」ではなく、「学ばせて頂きたい」と自分から勉強する積極的なイメージを与える言葉に置き換える必要があります。ほんの少しのことですが、採用担当者に与える印象はとても大きなものとなります。

看護師さんの履歴書の書き方

利用者満足度で選ぶならマイナビ看護師
  • どこよりも詳しい情報を教えてくれる
  • 応募前に求人先の病院をしっかり見ることができる
  • 一般企業や治験業界など病院以外の求人も多いのが特徴
マイナビ看護師【公式】

おすすめ記事

サポート力で選ぶなら看護のお仕事
  • 転職支援金最大12万円支給
  • カウンセリングに力を入れているのが特徴
  • 給与や福利厚生が充実した求人が豊富
看護のお仕事【公式】
求人数で選ぶならナース人材バンク
  • 全国10万件以上の看護師業界トップクラスの求人数!
  • 地方の求人も充実しているのが特徴
  • ブランクや復職、サポート制度あり
ナース人材バンク【公式】