精神科への搬送は、黄色やみどりの救急車って都市伝説…知ってる?

「精神科救急病棟」というコトバを聞いて、皆さんはどんな世界を想像されるだろうか?

子どもの頃のイメージは恐ろしいものだった。
「黄色い救急車で運ばれる」
「鉄格子の独房に閉じ込められる」
「手足を縛りつけられる」

精神科病院に勤めて十余年になる現在の筆者は、これらのイメージが実情とかけ離れていることを一応知っている。けれども世間一般的にはどうなんだろう。ずっと勘違いが訂正されないまま、このような精神病院をイメージし続けている人たちがいるとしたら由々しき問題である。

個人サイトで“黄色い救急車”に関する調査を行なった風野春樹をはじめ、多くの精神科医が、「黄色の救急車で患者が搬送されるところは見たことが無い」 と証言している。

民間の患者搬送車で緊急走行は出来ないので、仮に搬送車の塗色を黄色とする業者があったとしても「救急車」という点に矛盾が生じる。(ちなみに、茶緑色(オリーブドラブ色)の救急車は陸上・海上自衛隊に、青(紺)の救急車は航空自衛隊に存在する。)

た噂としてマスコミでも脚光を浴びていたのに対し、「黄色い救急車」は大きな話題になることもなかったが、まるで水のように自然なものとして、私たちのあいだに静かに広まっていた。

さらに何年かのち、晴れて精神科医となった私は、精神病院には黄色い救急車などというものはなく、患者が搬送されてくるときも、やってくるのはごく普通の白い救急車だということを知った。

私が小学生の時、誰かがふざけて奇妙な行動をしていると、『黄色い救急車が迎えにくるぞー!』って言うのを何度か聞いたことがあります。

当時は、普通の白い救急車とは別に、精神病院行きに黄色い救急車が消防署にあるのかと思っていました。

しかし現在、精神病院で看護師をしておりますが、黄色い救急車なんぞお目にかかった事も無いですわ。

知り合いの看護婦さんから、そんな話を聞きました。

家の近くにある精神科の病院へ入ってゆく所を見たそうです。眉唾ではないだろうかと思うんですが

うちの奥様は某精神病院の看護師です。

基本的に、救急車って、消防署から来るもので、病院からはこないから、消防署に無いって事は存在しません。

奥様にもっと詳しく聞くと、勤めている病院は精神科しか無いもんで、
患者が違う病気になった場合、他の病院に行く事があるようですが、
急な発症の場合、普通の白い救急車を呼んで他の病院に連れてくとの事。
不謹慎ですがおかしいですね。

その病院でも救急患者が来るのですが、普通の救急車で搬送されてきます。
たまにパトカーで護送?されてくる事もあるとの事です。

子どもの頃は仲間から黄色い救急車イエローピーポがあって、気が狂った人が乗ると聞いたのが私の精神疾患の知識でした。

ちなみに埼玉では緑の救急車、他にも紫の救急車とかの都市伝説があるようです。

福岡に住んでいるんですけど、こっちも緑の救急車説はありますよ

私は、精神病院の看護師ですけど、実際に重症な精神疾患の人が運ばれて

くるのは、パトカーか、普通の救急車です

利用者満足度で選ぶならマイナビ看護師
  • どこよりも詳しい情報を教えてくれる
  • 応募前に求人先の病院をしっかり見ることができる
  • 一般企業や治験業界など病院以外の求人も多いのが特徴
マイナビ看護師【公式】

おすすめ記事

サポート力で選ぶなら看護のお仕事
  • 転職支援金最大12万円支給
  • カウンセリングに力を入れているのが特徴
  • 給与や福利厚生が充実した求人が豊富
看護のお仕事【公式】
求人数で選ぶならナース人材バンク
  • 全国10万件以上の看護師業界トップクラスの求人数!
  • 地方の求人も充実しているのが特徴
  • ブランクや復職、サポート制度あり
ナース人材バンク【公式】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

毎月の生活は余裕?きつい?

1.セレブ

0票

2.生活・趣味・娯楽も余裕

0票

3.生活は余裕

0票

4.ふつう

1票

5.ややキツめ

0票

6.キツイ

1票

7.貧乏

0票

8.その他

0票

最近のコメント