看護師が勧めるBLSの次のスキルアップ!救急蘇生法ICLSって知ってます?

後輩には、BLSを基礎として受講をすすめ、次のスキルアップでICLSをすすめています

これはICLSが、BLS復習+アルファで不整脈などが学べるからです。

それ以上に勉強したければ、ACLSの受講をした方がいいとすすめています。

ACLSのうち、VF/P-lessVT、PEA、心静止だけを扱うのがICLS。

逆に言えばACLSを受講すれば、ICLSの内容はすべて含まれている
のですが、ガイドライン2005になってからは、心停止に関しては
逆にICLSの方が高度なこと(鑑別診断)を教えるケースも出てきており、
両者の関係は微妙になってきました。

ICLSを受けるかどうかですが、例えば在宅看護の仕事をしているとか、
小さなクリニックで働いているなどであればBLSをきっちり習得しておけば
十分だと思います。

しかし、病院で働いているのであれば、急変はBLSだけでは終わりません。
医師が集まってくれば、そのまま二次救命処置(ALS)に入りますので、
ICLSやACLSで学ぶ高度な救命処置のスキルも不可欠です。

ICLSは1日でBLSと二次救命処置(ALS)を学びますが、内容は
心停止だけに限定されています。

ACLSは、ICLSを受講してもっと勉強したいと思ったら受講を考えてみては
どうでしょう?

ICLSとかACLSとかやっても結局実際の場面では役に立たないですよ。

実践するしかないのです。
何かあったときに慌てないとかそういう心持ちは考えるだけじゃどうにもならないですしね。

私の病院では、年に2回ICLS研修があるので、参加させていただいています。

急変時の対応をきっちり学べるので、助かります。

急変時、何をしなければならないか、不安・自信のない処置を明確にし、身に付ける。
ICLSの講習会に行くと知識も度胸も身に付きますよ!

私は、急変時周りのスタッフに「絶対助けるぞ」と一声かけます。そうすると、みんな周りを見ることができ、落ち着いて対応ができています。

こればっかりは、焦っても習得できるものではありません。一番の方法は、イメージトレーニングとICLSへの参加ではないでしょうか?

利用者満足度で選ぶならマイナビ看護師
  • どこよりも詳しい情報を教えてくれる
  • 応募前に求人先の病院をしっかり見ることができる
  • 一般企業や治験業界など病院以外の求人も多いのが特徴
マイナビ看護師【公式】

おすすめ記事

サポート力で選ぶなら看護のお仕事
  • 転職支援金最大12万円支給
  • カウンセリングに力を入れているのが特徴
  • 給与や福利厚生が充実した求人が豊富
看護のお仕事【公式】
求人数で選ぶならナース人材バンク
  • 全国10万件以上の看護師業界トップクラスの求人数!
  • 地方の求人も充実しているのが特徴
  • ブランクや復職、サポート制度あり
ナース人材バンク【公式】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

勤務開始時間のどのくらい前に勤務を開始していますか?

1.10分前からギリギリに勤務開始

0票

2.10~30分前

2票

3.30分以上

4票

4.その他

0票

最近のコメント