健康寿命でなければ意味がない?看護師の延命治療についての考え方

私個人的には、胃ろう=延命処置とは思いませんし、経口摂取出来ないのであれば、IVHか、経菅栄養という選択を取らざるを得ないと思います。

胃ろうは、内視鏡しながら、それほど苦痛なく施行出来ると思いますから、トライされてもいいかなと思います。
胃ろう入れてからでも、経口摂取はトライ出来ますしね。

どこまでが延命かはその人の価値観で変わってくるので難しいですが、家族も納得できる治療がされるのが望ましいと思います。

私は看護師ですが、延命治療特に胃ろうは反対です。

人間口から食べれなくなったらお迎えが近い…と昔から言われています。

私も蘇生、延命は拒否。うちの親もそう思ってるので、お互いに意思確認済み。

蘇生、延命はそれぞれの価値観や経験に基づくものも多いし。看護師でもなんでも関係ないと思うの

蘇生、延命はそれぞれの価値観や経験に基づくものも多いし。看護師でもなんでも関係ないと思うの

尊厳死や安楽死に関して、自分と他人は考えが違っても、生き延びたい人には出来る限りのことをしたほうがよいのだろうけど、健康寿命でなければ意味がないと実は思っていたりします。

延命措置を受けたがために、無理やり生かされている様な状態の患者様を見かけますが、これは本当にこの人の為なのだろうかといつも思います。

急な別れは辛いけど、その後そのままの状態が何年も続くことを考えたら、下手な延命なんてせずに、自然な死受け入れる方がお互いの為だと私は思います。
何年も経った時に、負担だと思ったり思われたりすることの方が辛いです。

亡くなってホッとするのとは反対に本人は延命治療拒否しても家族が延命を強く望んで本人が折れて結局辛いって状況になることもあるから、医療が発達して死ににくいのもなんとも言えないなぁと思います。

超高齢化してってケアできる若い人いないのに手のかかる高齢者、障がい者だけが増える。看護師や介護士は仕事キツくて減る。そのうち医療、介護業界が破綻するんじゃないかと思います。

誰しも、生きたい、と願う気持ちは平等にあり、医療の現場にいる者としては、患者様の意思を尊重したい、けれど、緊急の場合の延命措置は、どこまでが、境界線であるか、難しいところですね。

自分が患者になった時選べる立場にあるのか、と疑問です。

医療費のかかる延命治療の手助けをしてもよいものかと私の倫理感がいつもうずうずしてしまいます。
でも今はこれがスタンダード、ということで割り切って仕事してます。

痴呆防止の薬は親には飲ませたくないし、年金収入を目当てにした老人収容所のような施設にも入れたくないと実は思ってます。言わないけど。

利用者満足度で選ぶならマイナビ看護師
  • どこよりも詳しい情報を教えてくれる
  • 応募前に求人先の病院をしっかり見ることができる
  • 一般企業や治験業界など病院以外の求人も多いのが特徴
マイナビ看護師【公式】

おすすめ記事

サポート力で選ぶなら看護のお仕事
  • 転職支援金最大12万円支給
  • カウンセリングに力を入れているのが特徴
  • 給与や福利厚生が充実した求人が豊富
看護のお仕事【公式】
求人数で選ぶならナース人材バンク
  • 全国10万件以上の看護師業界トップクラスの求人数!
  • 地方の求人も充実しているのが特徴
  • ブランクや復職、サポート制度あり
ナース人材バンク【公式】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

休みが不規則な看護師。平日と土日祝日、あなたはどちらの休日が好きですか?

1.平日

1票

2.土日

0票

3.祝日

0票

4.特にどの日でも構わない

0票

5.その他

0票

最近のコメント