未だに水銀血圧計の病院?看護師の昔やってて今はやっていないこと

確かに今ではナースキャップをつけてない病院がほとんどだと思います。

私が免許を取得したときはまだキャップをかぶっていましたが2~3年して確か医師会からの通達か何かでナースキャップがブドウ球菌の繁殖に関係するとか院内感染を起こしうるとかで廃止の方向になった気がします。確かに現場ではナースキャップが点滴台や棚にぶつかってとれたり引っ掛かったりと邪魔だったのを覚えています。

10年以上前に働いてた病院では、人工関節の手術日の朝に『足洗い』という処置してました。

イソジンをつけてブラシで洗い、オスバン液にひたしたガーゼでふき最後は滅菌の足袋に入れてました
新人から3年目くらいまではしてたけど4年目で退職するときはもうしてなかったかなあ。

手術前の剃毛も、傷がついたら感染元になるということから、しなくなりました。

私が看護師になった時は、病院にディスポなかった!オバハンですみません。

ガラスはオートクレーブにかけるたびに劣化していくから、落としたりしなくても持ったとたん割れたりしてた。
ディスポに変わった時には涙が出るほど嬉しかったなぁ。

昔はよく流出が悪い時にミルキングしていましたが、今はしなくなりました。
バルンの品質が改良されてきたのですかねー?

ミルキングしてはいけないとは聞いたことがないのですが、流出が悪ければ交換するのが一般的なのでしょうね。

皆さんの病院では擦過傷、剥離などラッピング療法ですよね?消毒するとしてもヒビテンで…。

と思うのですが、今の勤務先ではイソジン絆創膏、毎日イソジン絆創膏…。
患者さんがかわいそうです。

どんどん新しくエビデンスが変わりますね。
例えば経管栄養の注入時は以前は右側臥位でどこの病院もしてましたが今は逆に右側は良くないのでしない方向ですね。

昔水銀血圧計って本当に役に立ちました。今は水銀レスの血圧計がありますね。

私のクリニックは古いですが、やはり、電子です。

利用者満足度で選ぶならマイナビ看護師
  • どこよりも詳しい情報を教えてくれる
  • 応募前に求人先の病院をしっかり見ることができる
  • 一般企業や治験業界など病院以外の求人も多いのが特徴
マイナビ看護師【公式】

おすすめ記事

サポート力で選ぶなら看護のお仕事
  • 転職支援金最大12万円支給
  • カウンセリングに力を入れているのが特徴
  • 給与や福利厚生が充実した求人が豊富
看護のお仕事【公式】
求人数で選ぶならナース人材バンク
  • 全国10万件以上の看護師業界トップクラスの求人数!
  • 地方の求人も充実しているのが特徴
  • ブランクや復職、サポート制度あり
ナース人材バンク【公式】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

あなたは、看護学校の奨学金制度を利用しましたか?

1.利用した

13票

2.利用していない

5票

3.その他

1票

最近のコメント