医師や男性看護師へのチェコレートは?職場でバレンタインはどうしてる??

例年、看護師の国家試験は2月中旬~下旬に実施されるので、2/14のバレンタインデーはその追い込み真っただ中です。

正直バレンタインどころではありません。

普段シゴトや勉強を頑張っている自分への「ご褒美チョコ」もバレンタインの醍醐味です。

一般的に出会いの場が少ないと言われている看護師の中には、ご褒美チョコを選ぶのが一番の楽しみなんて方も多いのではないでしょうか。

看護師の場合、身近でお世話になっている男性といえば医師です。

パッと済ませたいけれど、下手に安物を渡すわけにもいかない….でも安く抑えたい…。こんな葛藤に悩まされ、チョコ選びは意外と難航するものだと思います。

で、その後問題になるのは男性看護師の扱いなんですよね。

その医者に対してすらこの冷めようですから男性看護師の扱いはさらにひどくなります。

看護師にとって医者っていうのは、組織としては違うんだけど上司みたいな存在です。

だから、まぁ、俺は「あげたら?」って思ってたんですけど、最終的に「こんな会議開かれてまで欲しくないだろうな」に変わって「そんな文句言うならあげるなよ笑」に落ち着きました。

バレンタイン時期によく聞く話題は「誰が買いに行くか」「そもそも詰所費でチョコ買うの?あげなくてよくない?」ってやつです。

誰が買いに行くかってのはすぐ解決します。1年目の新人看護師です。

みなさん、バレンタイン時期は看護師たちが若い医師にチョコを渡すかどうかで色めき立ってるなんてお考えですか?

そんなの見たことありません。

スタッフ会議が開催され、賛成派と反対派で激しいやりとりののち、結局あげた方がいいという意見に従って今年も何かをあげるようです。

一度習慣となってしまうと辞めるのは一苦労。

私が勤務するクリニックではバレンタインデーがもはや「悪しき習慣」となり、撤廃したい派と続けたい派の攻防が続いています。

なぜ「悪しき習慣」となったのか。お互い気持よく働ける関係性があれば、喜んで渡したいところですが、そうではないことがまず前提として挙げられます。

看護学生はバレンタインどころではありません。

看護学生にとっては、バレンタインの直後にやってくる国家試験のほうが何十倍も重要なんです。

正直、疲れた自分へのご褒美!!

だって、看護師の日々の忙しさを考えたら、これくらいのご褒美と糖分が必要になってくるんだ!

医師へのチョコレートは、あげる病院とあげない病院など、病院によって習慣化されたものがあるみたいです。

都内の大学病院では渡さない、地方の病院では渡すことが習慣化していることが多いのではないでしょうか。

利用者満足度で選ぶならマイナビ看護師
  • どこよりも詳しい情報を教えてくれる
  • 応募前に求人先の病院をしっかり見ることができる
  • 一般企業や治験業界など病院以外の求人も多いのが特徴
マイナビ看護師【公式】

おすすめ記事

サポート力で選ぶなら看護のお仕事
  • 転職支援金最大12万円支給
  • カウンセリングに力を入れているのが特徴
  • 給与や福利厚生が充実した求人が豊富
看護のお仕事【公式】
求人数で選ぶならナース人材バンク
  • 全国10万件以上の看護師業界トップクラスの求人数!
  • 地方の求人も充実しているのが特徴
  • ブランクや復職、サポート制度あり
ナース人材バンク【公式】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

看護師として働いている方で、保健師資格を取得しようと思ったことはありますか?

1.保健師資格を取得して保健師に転職した

0票

2.保健師資格を取得したが、保健師以外の仕事をしている

2票

3.保健師資格を取るために努力中である

0票

4.保健師に興味はある

5票

5.自分にとって保健師資格はいらないと思う

2票

6.その他

1票

最近のコメント