9月と3月は配置換えのタイミング!人間関係の改善やマンネリを防ぐ意味も

わたしの勤めている病院では、毎年9月と3月に大規模な異動があります。

わたしはここに来て4年目になりますが、ある程度年数が経ってくると異動対象に上がってきます。

わたしの友達は全国的に有名な小児専門の病院に新卒で就職しました。

もう10年以上前のことですが、1年で3回異動になり、頭が変になりそうだと言っていたのを思い出しました。

なんと私、2年目の今にして既に2回も人事異動させられています。

もちろん、希望なんて出していません。看護部の都合で、いきなり、ある日突然…。

一般の総合病院の場合、異動は3年から5年に一度あります。

同じように、内科だったのだけれど、精神科や外科に異動になることもあります。

特に、入職して数年は、色々な科を経験させようと、2年から3年に一度、異動となっていきます。

自分が希望してもいないのに、突然、2週間後から違う病棟で勤務と命じられるのです。

大学病院だと、看護師は2年から3年に一度、異動していきます。

救急にいて、異動となって整形病棟に異動になったり、内科にいたのに異動で精神科になったということもあります。

謙虚さを失わないために

このように、看護師が定期的に人事異動が行われるのには、スタッフが初心を忘れないようにとの意味合いも含まれています。

マンネリ化を防ぐために

自己学習しなくとも日々の業務がこなせることは、一見すると楽に見えます。しかし、そのようなマンネリ化した状況では自身の成長は見込めません。

ジェネラリストであるために

看護師は様々な病棟や職場を経験することで、幅広い分野の知識を網羅し、引き出しの多い人材として存在することが要求されるのです。

人間関係の調整

個人的な人間関係のもつれによるものや、お局ナースたちで構成されたコワーイ組織の解体など…あまり公にしたくないコトですが、こういった理由で異動を行うという場合もあります。

マンパワーの調整

勤務条件(夜勤回数など)、経験年数や能力を各部署が平均化するよう調整するために異動が行われます。

スタッフのモチベーションUP

事前にスタッフに配属部署の希望を提出させ、それを考慮した異動を行う場合もあります。

異動の義務化

この場合は、一定期間(3~4年が多い)で全員部署異動を行います。

利用者満足度で選ぶならマイナビ看護師
  • どこよりも詳しい情報を教えてくれる
  • 応募前に求人先の病院をしっかり見ることができる
  • 一般企業や治験業界など病院以外の求人も多いのが特徴
マイナビ看護師【公式】

おすすめ記事

サポート力で選ぶなら看護のお仕事
  • 転職支援金最大12万円支給
  • カウンセリングに力を入れているのが特徴
  • 給与や福利厚生が充実した求人が豊富
看護のお仕事【公式】
求人数で選ぶならナース人材バンク
  • 全国10万件以上の看護師業界トップクラスの求人数!
  • 地方の求人も充実しているのが特徴
  • ブランクや復職、サポート制度あり
ナース人材バンク【公式】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

インシデントレポート書くこと、ストレスに感じませんか?

1.ストレスを感じる

14票

2.どちらでもない

0票

3.ストレスは感じない

0票

4.その他

1票

最近のコメント