乳児院看護師の求人は少ない?病棟とは大きく異なる仕事内容と役割

保育園看護師との大きな違いは「守り育てる」役割

保育園は家庭がある上での保育園生活なので、子どもにとっては一時的な生活の時間です。
その中で看護師は保育業務や看護業務を行い、子どもが安全にその時間を過ごせるように役割を発揮します。
一方、乳児院はその場が家庭であり、子どもにとっては生活の全てになります。
愛情を受け、愛着を覚え、安心して生きていくための場所です。

一般公募よりもクチコミが近道

乳児院は家庭と同じ。日常生活が一般家庭と同じように「変わらない居場所」になるよう、乳児院で働く看護師は長く勤める傾向にあることも求人情報が多く出回らない一つの理由です。

虐待する親の中にはなぜか「子供を返せ」みたいなことを言う人がいるらしく、その県の職員の方も名前を親から覚えられたとか言って、少し怖がっているそうです。
看護師にまでとばっちりが行くかはわかりませんが、やはり複雑な状況の中で仕事をするみたいですね。

乳児院では看護師がその入所の児童の定員数によって、決まった定数が配置されることになっています。

しかし、仕事的には保育士の人との協働による保育の仕事が大部分であり、看護師の仕事の専門性としては、小児科等の経験や病院での現場経験、実際の育児経験等が無いと、難しいと思います。
また、乳児院の数自体が少ないので、就職先としては、かなり自宅から遠かったりする可能性も大きいです。

ずっと子どもと一緒にいる仕事ですから、子ども嫌いでは勤まらないと思いますよ。

病棟とはまるで違うので、病院独特の空気が嫌いという方も転職されています。

乳児院は外部の方の出入りがないためか職員間での陰口や悪口が多すぎて誰も信用できずに誰にも本音が言えなくてずっと溜め込んでしまっていました。

思いつくこと全てやっても泣き止まない、寝たと思ったのにベッドに下ろすとすぐに起きる、そして泣く。
そうなるとイラっとする気持ちわかります。

私の場合は、この子はお預かりしている子供、(自分のこと違って)この勤務が終わればしばらく会わない。
と考えてイラっとした時は深呼吸をして一呼吸置きます。

それでもダメな時は、安全を確認しつつしばらく放っておきます。子供って本当にこっちの感情を敏感に受け取りますよね。なので無理してでも笑顔で話しかけたりもします。
その子に構って他の業務が終わらない時は必要最低限のことだけやって他は後回しにして、今日はとことんあなたを構いますよー、の姿勢で向き合えば楽になります。

看護師資格で働くという事は乳児院のあかちゃんの世話だけではなく、健康管理、緊急時(具合が悪くなった、意識がなくなった、怪我をした)の対応が求められます。

しかし、看護学校を卒業し国家試験に合格しただけではそれらに対応する力はありません。実際に病院に勤めて何年か経験をつまないと難しいです。

利用者満足度で選ぶならマイナビ看護師
  • どこよりも詳しい情報を教えてくれる
  • 応募前に求人先の病院をしっかり見ることができる
  • 一般企業や治験業界など病院以外の求人も多いのが特徴
マイナビ看護師【公式】

おすすめ記事

サポート力で選ぶなら看護のお仕事
  • 転職支援金最大12万円支給
  • カウンセリングに力を入れているのが特徴
  • 給与や福利厚生が充実した求人が豊富
看護のお仕事【公式】
求人数で選ぶならナース人材バンク
  • 全国10万件以上の看護師業界トップクラスの求人数!
  • 地方の求人も充実しているのが特徴
  • ブランクや復職、サポート制度あり
ナース人材バンク【公式】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

未来の看護師さんへ、看護学校受験のアドバイスをみんなでおくろう!!

1.勉強法、押さえておくべきポイント

1票

2.勉強だけではダメ!息抜きの方法

3票

3.受験前の心構え

1票

4.その他

0票

最近のコメント