不規則な勤務や肩こりも原因に。夜勤後は頭痛に悩まされるナース続出…。

遅出、早出、夜勤が始まってくると徐々に頭痛頻度が増え、今では毎日頭痛、吐き気、不眠と戦いながら仕事しています。

起き上がれないくらい痛くても、休めるような雰囲気ではなく、2ヶ月近く毎日、身体に鞭打って仕事しています。

当然不規則な勤務や長期勤務の疲れが有るからでしょうし、肩こりも原因の一つ。

余り、深く考えない事ですね。

私の場合というか経験上ですが、おそらく夜勤中の緊張、眠気を耐えながらの細かい記録による目の酷使等で、筋緊張による偏頭痛かと思います。

夜勤中の適度なストレッチや目のアイシング、夜勤明けでのゆっくりの入浴などによって、かなり解消されると思います。

6月から月4回ほど夜勤に入っていますが、夜勤後は必ず頭痛があります

元々肩凝りから偏頭痛を起こすタイプですが1~2,3ヶ月に1回あるかないかだったので頻度としては多いな…と感じ、結構辛いです。

看護師さんは体力が要る仕事なので、日勤でも悩まされがちな問題ですね。

まして夜勤は体内時計に逆らって働くので、以上のような症状が出やすいのかもしれません。

肩こりが原因で起こる筋緊張型頭痛が体力仕事の看護師さんにありがちなようです。

夜勤あけから元に戻るのに時間がかかって偏頭痛との戦いになってしまいます。

寝だめしようとしてもなぜか目が覚めてしまい(T_T)
看護師にはすぐ寝られる、どこでも寝られるって力必要ですねぇ。

利用者満足度で選ぶならマイナビ看護師
  • どこよりも詳しい情報を教えてくれる
  • 応募前に求人先の病院をしっかり見ることができる
  • 一般企業や治験業界など病院以外の求人も多いのが特徴
マイナビ看護師【公式】

おすすめ記事

サポート力で選ぶなら看護のお仕事
  • 転職支援金最大12万円支給
  • カウンセリングに力を入れているのが特徴
  • 給与や福利厚生が充実した求人が豊富
看護のお仕事【公式】
求人数で選ぶならナース人材バンク
  • 全国10万件以上の看護師業界トップクラスの求人数!
  • 地方の求人も充実しているのが特徴
  • ブランクや復職、サポート制度あり
ナース人材バンク【公式】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

病棟の飲み会は、スタッフ間の親睦を深めるよい機会となっていますか?

1.うまくいっている

0票

2.どちらとも言えない

5票

3.全然ダメ

1票

4.その他

0票

最近のコメント