看護師のうつ病などメンタルヘルス改善に有効。復職支援リワークプログラムとは

リワークプログラムでは、実際の業務に近い作業プログラムを通じて職場復帰に向けたウォーミングアップを図ることができます。

リワークプログラムでは、継続的に施設に通うことで職場復帰に必要な生活リズムを取り戻すとともに、パソコン・伝票を扱うデスクワークや立って行う軽作業など、実際の業務に近い作業プログラムを通じて職場復帰に向けたウォーミングアップを図ることができます。

リワークプログラムを受けるメリットは、会社として「復職をしても大丈夫かという判断がしやすくなる」です。

この他に
・リワークをするにあたっての勤務時間や日数
・リワーク中の作業をどういったものにしたらいいか?
というのが決めやすくなります

リワークプログラムは、どこで受けられる?

リワークプログラムを受けられる主な場所は
・精神科、心療内科の専門または総合病院
・住んでいる地域の地域障害センターや精神保健福祉センター
があります。

医療機関で実施されているプログラム

医療と連携し、治療の一環として本人の希望に基づいて実施されます。プログラムを通じて参加者の病状の改善度や安定度を把握して、十分に復職が可能かどうかを判断します。

費用は有料ですが、自立支援制度を利用できる場合には月々の自己負担上限額(前年の所得によって限度額は異なります)を低く抑えることができます。利用期間は本人の回復状況や休職期間に応じて主治医と相談し、おおむね3~6カ月程度利用される方が多いようです。

地域障害者職業センターで実施されているプログラム

職場復帰に向け、本人、雇用事業主、主治医の三者の合意形成を支援するコーディネートを行った上で、ストレス対処、作業遂行に必要な持続力・集中力向上などに関する本人への支援、職場復帰受入のための助言など事業主への支援を実施しています。

リワーク支援の期間は標準12~16週間で本人に応じて設定され、費用は無料になります。

リワークの目的として、生活リズムの確立や対人関係(リワーク受けに来てる人たくさんいるので)の再構築、対処方法なんかもあります。

リワークは主治医からの許可が必要なので、まずは先生に相談してみてください。

先生が懇意のリワーク施設をおすすめしてもらうのか一番だと思います。

ストレス対処方法を学んだり日中のスケジュール組み立てなどかなり有効ですよ。

私はおすすめする方なので(会社の産業保健やってます)、ちょっと視点は違うかもしれませんけど、ストレス対処方法を学んだり日中のスケジュール組み立てなどかなり有効ですよ。

ブランクがあっても大丈夫!復職への不安解消

利用者満足度で選ぶならマイナビ看護師
  • どこよりも詳しい情報を教えてくれる
  • 応募前に求人先の病院をしっかり見ることができる
  • 一般企業や治験業界など病院以外の求人も多いのが特徴
マイナビ看護師【公式】

おすすめ記事

サポート力で選ぶなら看護のお仕事
  • 転職支援金最大12万円支給
  • カウンセリングに力を入れているのが特徴
  • 給与や福利厚生が充実した求人が豊富
看護のお仕事【公式】
求人数で選ぶならナース人材バンク
  • 全国10万件以上の看護師業界トップクラスの求人数!
  • 地方の求人も充実しているのが特徴
  • ブランクや復職、サポート制度あり
ナース人材バンク【公式】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

看護学生さん、自分の中でコレだ!という国試の勉強法はありますか?

1.あります!

1票

2.あるけど不安…

1票

3.ないです。

4票

4.その他

0票

最近のコメント