退職せずに部署異動が効果的?看護師が患いやすい鬱病や適応障害の対処法

私の場合、辞めて、その人たちから離れたら、スパッと不眠等の症状が消えました。

休んでまた復職しようとか考えてるうちは私の場合は治らなくて、やっぱり辞めないと、また戻る時の恐怖心が強くてダメでした。

症状があまりに強ければ、受診したり、カウンセリング受けたり、電話相談したり、出来る限りの助けを求めた方がいいです。

適応障害は再発しやすく、治癒までに長い時間がかかります。

看護師を一生続けたいから、今はゆっくり休む事に決めました。

希望した病棟に就職。ここである程度すれば、内科に移ろうと考えていたのに。
4ヶ月目に突然、吐き気、なぜかわからなく涙がでる。休みの日リフレッシュできず
辛くなり上司に相談。

すると休みなさい。救われました(>..<)

そしてまた、復帰した時、同じ事が起これば乗り越えられるか。不安はつきません。でも、
看護師を一生続けたいから、今はゆっくり休む事に決めました。自分が健康でないと、患者さんを、守ることなどできないと改めて実感しました。

休職期間は主治医や勤務している病院の判断によりますが、月単位で休まれる人が多いです。

退職するとまた次を探したり、辞めた理由も聞かれますし、できるならまずは退職せず部署を変えて復帰されてみてもいいかもしれません。

適応障害や体調を崩してしまった場合、その原因となった部署に戻るのはかなり苦しいのではないかと思います。

みなさん、自分が甘かったとか、もっと頑張れたんじゃないかとか、少し休んだらまた元のところで頑張りたい等と言われますが、ご自身だけがどうのこうのという問題じゃありませんし、その環境に合う合わないはありますし、実際またそこに戻っても周囲の目もあるし、やりにくいと思います。

同じ病院の違う病棟に復帰
退職すると引っ越しや手続きが煩わしかったので、まずは異動して駄目なら辞める気でした。

1年目 3月に休職

4ヶ月間休職

2年目 6月に復帰

持病があると看護師できない?腰痛やうつ病の予防・対処法

利用者満足度で選ぶならマイナビ看護師
  • どこよりも詳しい情報を教えてくれる
  • 応募前に求人先の病院をしっかり見ることができる
  • 一般企業や治験業界など病院以外の求人も多いのが特徴
マイナビ看護師【公式】

おすすめ記事

サポート力で選ぶなら看護のお仕事
  • 転職支援金最大12万円支給
  • カウンセリングに力を入れているのが特徴
  • 給与や福利厚生が充実した求人が豊富
看護のお仕事【公式】
求人数で選ぶならナース人材バンク
  • 全国10万件以上の看護師業界トップクラスの求人数!
  • 地方の求人も充実しているのが特徴
  • ブランクや復職、サポート制度あり
ナース人材バンク【公式】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

休みが不規則な看護師。平日と土日祝日、あなたはどちらの休日が好きですか?

1.平日

1票

2.土日

0票

3.祝日

0票

4.特にどの日でも構わない

0票

5.その他

0票

最近のコメント