看護師3年目にわかった、高校時代の恩師の「三年続けてみないと」

誰よりも、パワフルだと言われてます。
今でも辛かった新人時代を振り返っては、恩師の言葉を思い出します。

3年は頑張りなさい!

この3年の意味は何だろう…とよく考えてましたが、答えは人それぞれですね。
今まで単純に、どんなに辛くても、辞めずに3年頑張りなさい!
という事だろうと思っていましたが、


今では、3年の中身が重要なのだと思えています。

私にとっては、試練としても、自分が納得するのにも、ちょうど良い期間でした。

1年目は、針のむしろの中での試練の中、上司の優しさと患者さんからの励ましによって、元気と活力をいただき、学習となり、忍耐力がつきました。

2年めになると、打たれ弱い私も、図太くなりつつあり、また、職場にも愛着がわいていました。

3年目には、学習を応用する事ができて、人間関係も円満となり、そこで本当にやりたい仕事なんだと実感しました。
そして、この職場のために尽くして行きたい!という想いが、すっかり定着していました。

もし、あのまま私自身も状況も変わらなければ、辞めて転職していたかもしれませんが、3年を経ってからなら全く後悔はしなかったと思います。

そして、あんなに怠け者だった私が、ここまで変われたのも、あの試練を乗り越えてこそです!
私が、ここまで、働くことを楽しく感じられるようになれるとは、夢にも思いませんでした。
気力が湧いてくると、疲れも感じなくなるものですね。

人それぞれ、自分を知る期間は違うし、この新人時代の3年間の中身も、百人いれば100通りあると思います。

この経験をした私が言いたいことは、
恩師の言ったように、確かに、3年は辞めずに頑張ってほしい!
…が本音です。


でも途中、辞めてしまったとしても、それも経験のうちであり、失敗ではないと思います。

実を言うと私は、耐えたのに加えて「辞める勇気」がなかったのが、事実なのです……

看護学校は私にとっては難関だったし、せっかくの合格、内定が取れたのに、もったいない‼
……という気持ちが強くて。

辛かった頃はやりたくもないのに、へばりついていたのも正直なところで、患者さんや職場に失礼な気持ちでいっぱいでした。
途中で辞めて行く同級生たちを見ると、合わない仕事なら、方向変換は賢明な判断であり、その潔さがカッコ良くも映りました。

患者さんの為、職場の為、そして自分の為にも、時には辞める勇気が必要な事もあります。
心身を大切にすることが重要です。

それと私は、高看の資格を取るのが目標だったのに、一度は進学を断念しています。
すごく挫折感はありました。

けれど、その断念したおかげで、看護という仕事の楽しさを経験でき、進学への決意ができたのです。

3年は続けなさい!が、本音ですが、そういった挫折経験も含めての3年間という、中身が大切なのだと、今は思います。

これから、看護師を目指す方、転職される方もいらっしゃると思いますが、様々な経験を含めて、3年間はどうか頑張っていただきたいです。
3年目に、確実な自分の答えが見えてくるかもしれませんね !

利用者満足度で選ぶならマイナビ看護師
  • どこよりも詳しい情報を教えてくれる
  • 応募前に求人先の病院をしっかり見ることができる
  • 一般企業や治験業界など病院以外の求人も多いのが特徴
マイナビ看護師【公式】

おすすめ記事

サポート力で選ぶなら看護のお仕事
  • 転職支援金最大12万円支給
  • カウンセリングに力を入れているのが特徴
  • 給与や福利厚生が充実した求人が豊富
看護のお仕事【公式】
求人数で選ぶならナース人材バンク
  • 全国10万件以上の看護師業界トップクラスの求人数!
  • 地方の求人も充実しているのが特徴
  • ブランクや復職、サポート制度あり
ナース人材バンク【公式】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

看護協会に入っていますか?

1.入っている

4票

2.入っていない

1票

3.その他

1票

最近のコメント