看護師がフリーで働くのは可能か?ライフワークバランスのメリットデメリットは?

また別の病院からは帰国を聞きつけてまた働かない?という風に声がかかるようになり、何度か出戻りした病院もありました。

結婚後は夜勤をする職場に勤めていましたが、旦那さんのライフスタイルに合わせて施設での日勤常勤の仕事に変更しました。
体調を崩したこともあり、退職。

扶養内で勤務することにし、現在はスポットで行っていた訪問入浴の会社に声をかけてもらい、派遣のような融通がきく勤務体制で契約社員として仕事をしています。

派遣会社もいろいろ利用させてもらいましたが、最終的には営業さんとの縁かな、と思います。
こちらが仕事を探しているのに対応が遅い、どの担当に連絡してよいかわからないなどがあり、タイミングよくコミュニケーションがうまく取れる会社で仕事を受けた経過がありました。

こういった働き方のメリットとしては、仕事と私生活のバランスを自分でコントロールできること、


仕事を辞める時に必ずある引き止めや辞められないというストレスがないことです。

常勤で働いていた頃、引き止めにあいなかなか辞めさせてもらえなかった経験があり、その後常勤で働くという選択肢から遠ざかるようになりました。

また、他のメリットとしては、いろんな職場、現場を体験できるなどが挙げられます。
経験することで知ることも多いと思うので、好奇心旺盛な人には向いていると思います。

それと、一般的には職歴が多いことは就職の不利になるとのことですが、面接できちんと理由を説明できれば問題ないと私は思っています。
ちなみに就職した際に面接で落ちたことはありません。


デメリットとしては、自分で仕事の調整をする必要があります。

毎回最初からの人間関係や職場環境なので環境適応能力がある方でないと難しいかもしれません。
どこの病院も多かれ少なかれ問題を抱えているのは当然なので、前の職場はどうだった、ここはおかしい、などその病院で長く働いている常勤の前で言ってしまうような感じでは人間関係もうまくいきません。

派遣といっても、日常の業務内容は常勤の方と同じなので、患者さんと1対1で関わる部分では自分の看護観が活かせますし、大きい部分ではそれぞれの病院のやり方に合わせていく方がスムーズに働くことができます。

また、待遇面でのデメリットを言えば、長い目で見たときに、昇進や昇給、退職金などがないということが挙げられます。

看護師は他の一般的な職業と違い、臨床経験がある程度あれば求人はたくさんあります。
日本全国どこへ行っても仕事ができるはずです。

選択肢を考えるとやや都会有利ではありますが、看護師はライフスタイルに合わせて仕事を調整できる仕事だと思います。

利用者満足度で選ぶならマイナビ看護師
  • どこよりも詳しい情報を教えてくれる
  • 応募前に求人先の病院をしっかり見ることができる
  • 一般企業や治験業界など病院以外の求人も多いのが特徴
マイナビ看護師【公式】

おすすめ記事

サポート力で選ぶなら看護のお仕事
  • 転職支援金最大12万円支給
  • カウンセリングに力を入れているのが特徴
  • 給与や福利厚生が充実した求人が豊富
看護のお仕事【公式】
求人数で選ぶならナース人材バンク
  • 全国10万件以上の看護師業界トップクラスの求人数!
  • 地方の求人も充実しているのが特徴
  • ブランクや復職、サポート制度あり
ナース人材バンク【公式】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

こんな看護リーダー、許せますか?

1.許せる

0票

2.どちらとも言えない

1票

3.許せない

14票

4.その他

1票

最近のコメント