看護師がフリーで働くのは可能か?ライフワークバランスのメリットデメリットは?

働き方改革、ライフワークバランスという言葉がよく聞かれるようになってからだいぶ経つ気がしますが、私たちを取り巻く環境も変わってきています。

自由に働きたいという思いが強かった私は自分で仕事を調整するということで仕事と私生活のバランスをとるようにしてきました。
今や働き方の自由化が進み、フリーランスという言葉も珍しくないですが、果たして看護師はそのような自由な働き方ができるのでしょうか?

自分の経験を紹介したいと思います。

そもそもフリーランスとは、特定の企業や団体に所属せず、独立して仕事を請け負って働くというスタイルのことであり、派遣社員は含まれない、との定義が一般です。
その点から見れば、派遣会社を利用して働くことの多かった私はフリーランスではないかもしれません。

以前、1年に3ヶ月休みが欲しいと思い、実際にそのように働いている、と自己紹介をしたところ、フリーランスみたいだね、と言われたことがあります。
このように自分で仕事を調整するという働き方は


専門職である看護師だからこそ可能であるように思います。

私がどういう経緯でこのように働くようになったのかといえば、3年半常勤で働いた後に海外で1年生活したことが大きかったです。
自分の時間や家族の時間を大切にする姿が、人生を楽しんでいるように見えて、私もそういう風に生きたいと思うようになりました。

まず、海外に行くために仕事を辞めた時に、少し自由な時間があったので、何かできることはないかとネットで検索しました。

当時今ほどたくさん派遣会社は無かったように思います。
いくつか派遣会社があることを知り、

利用者満足度で選ぶならマイナビ看護師
  • どこよりも詳しい情報を教えてくれる
  • 応募前に求人先の病院をしっかり見ることができる
  • 一般企業や治験業界など病院以外の求人も多いのが特徴
マイナビ看護師【公式】

おすすめ記事

サポート力で選ぶなら看護のお仕事
  • 転職支援金最大12万円支給
  • カウンセリングに力を入れているのが特徴
  • 給与や福利厚生が充実した求人が豊富
看護のお仕事【公式】
求人数で選ぶならナース人材バンク
  • 全国10万件以上の看護師業界トップクラスの求人数!
  • 地方の求人も充実しているのが特徴
  • ブランクや復職、サポート制度あり
ナース人材バンク【公式】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

バレンタインデーに職場でチョコレートをあげる習慣について、賛成ですか?反対ですか?

1.賛成!!(・∀・)b

2票

2.反対(●`・x・)乂

5票

3.その他

1票

最近のコメント