救命センターから精神科へ転職。ある患者、家族との出会いから看護師として未知の世界へ飛び込む!

私は救命センターで4年務めた時に転職を考えました。
その動機になったのが救命センターの特色である自傷行為を行う患者(自殺を試みる患者)とその家族との出会いから感じたものがあったからです。

私は救急外来で勤務している時にある患者が自殺を図り搬送されてきました。
一命を取り止めた後にその場で家族との面会がありました。

患者(旦那さん)とその家族は若く、奥さんの側には小学校低学年くらいのお子さんがいらっしゃいました。
しばらくの沈黙の後に奥さんが「何があったの?」と聞き、患者さんは突然泣き出し「こうするしか方法がなかったんだ。」と言いました。

お子さんも「パパ大丈夫?」と何かを察したのか泣き出しました。
その時の光景は忘れられません。


表現が正しいか分かりませんが、誰も報われない、辛い事をどこにもぶつけられない虚しさのようなものを感じました。

その後分かった事ですが、自殺を考えた理由はリストラでした。
しかも、上司のミスを押し付けられた形でのリストラ。

自分が悪くないのに家族も不幸にしてしまうという考えからどうしようもなくなり、自殺に至ったそうです。

実は救命センターで働く上で自殺を図り搬送されてくる患者は多く、その中でも同じ人が何度も繰り返してくるという事は良くある事です。
考えれば当然の事ですが、救命センターで治療出来るのは身体だけです。

突然のリストラにより傷ついた心は治療出来ません。

その時の出来事があり、その後も同じように自殺を図って搬送されてくる患者さんを見る度にこの人は何があってこんな事をしてしまったんだろうと考えるようになりました。


そして命を救ってもこの人は救えていないと思うようになってきました。

そのような日々の中で精神科への興味を持ち飛び込む事を決意しました。

まさか自分が精神科へ行くとは学生の時から一度も考えていなかったので、驚きです。
しかし、今は出会えて考えを影響を与えてくれた患者さんや家族に感謝しています。

転職という大きな事には悪い所もありますが、それよりもやりたい事を目指せる達成感に充実した毎日を送っています。

利用者満足度で選ぶならマイナビ看護師
  • どこよりも詳しい情報を教えてくれる
  • 応募前に求人先の病院をしっかり見ることができる
  • 一般企業や治験業界など病院以外の求人も多いのが特徴
マイナビ看護師【公式】

おすすめ記事

サポート力で選ぶなら看護のお仕事
  • 転職支援金最大12万円支給
  • カウンセリングに力を入れているのが特徴
  • 給与や福利厚生が充実した求人が豊富
看護のお仕事【公式】
求人数で選ぶならナース人材バンク
  • 全国10万件以上の看護師業界トップクラスの求人数!
  • 地方の求人も充実しているのが特徴
  • ブランクや復職、サポート制度あり
ナース人材バンク【公式】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

夜勤前の日中、看護師の皆さんはどれくらい眠ってから仕事に行きますか?

1.寝ない

1票

2.朝、遅く起きる

3票

3.ほんの数分

0票

4.30分以上

1票

5.2時間以上

1票

6.3時間以上

2票

最近のコメント