「男で看護師?」との反対意見も…大丈夫です。壁なんてほとんど感じません!

僕は男性看護師です。

母が看護師で、働くその姿が子供ながらにかっこよくて看護師の道に進みました。
看護学部に進学するときにも周りの人にも「男で看護師??」と反対の意見もありました。

実際に大学に入学すると男子学生は10人もいなくて、いろいろと将来について考えていると年を重ねたとき男性の看護師は需要があるのだろうか、等々自信を無くす日もありました。


特に母性の講義や実習なんて、男に母性なんてわかるか!!と投げやりになった日もしばしば・・・。

しかし、実際に臨床にでてみて、男性であるという壁なんてほとんど感じません。
むしろ入院中の母親世代の患者さんからは「息子のようだ」とかわいがっていただき、そこから信頼関係をきづくことができ、トイレに行きたい・少し体調がおかしい気がするなどの看護師の忙しさに遠慮してついつい言わずじまいになってしまいがちなこともあなたなら言える、とおっしゃっていただけています。

患者さんにとっては、ついつい見逃してしまう小さな変化が命取りになることもあります。
また、補助や見守りがあれば歩いてトイレに行けるのに遠慮してそれができないと、筋力が低下して歩いてトイレに行けなくなることもあります。

僕が看護師になって、その患者さんのもとにいることでそれらを防ぐお手伝いができている、ということに喜びを感じます。

男性看護師って実際どうなんだろう・・、この春から就職だけどやっていけるかな、など迷っている方、悩んでいる方、大丈夫です!
一緒に奥の深い看護について深めていきましょう!

利用者満足度で選ぶならマイナビ看護師
  • どこよりも詳しい情報を教えてくれる
  • 応募前に求人先の病院をしっかり見ることができる
  • 一般企業や治験業界など病院以外の求人も多いのが特徴
マイナビ看護師【公式】

おすすめ記事

サポート力で選ぶなら看護のお仕事
  • 転職支援金最大12万円支給
  • カウンセリングに力を入れているのが特徴
  • 給与や福利厚生が充実した求人が豊富
看護のお仕事【公式】
求人数で選ぶならナース人材バンク
  • 全国10万件以上の看護師業界トップクラスの求人数!
  • 地方の求人も充実しているのが特徴
  • ブランクや復職、サポート制度あり
ナース人材バンク【公式】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

患者さんとの個人的な連絡先交換はあり?なし?

1.あり

1票

2.なし

2票

3.その他

0票

最近のコメント