私の中で忘れてはいけない、忘れられない看護の原点

都内の某大学病院呼吸器内科病棟に看護助手として勤務していた時、30代半ばの女性が進行した癌で入院されていた。

薬の副作用で食欲不振もあり、みるみる痩せていく彼女の姿に看護師が涙しているのを良く見かけていた。

私も助手として何とか力になりたいとベッドの向きを変えたり、円座やクッションで安楽な姿勢を作る手伝いをした。

そんな中、彼女の母が彼女の息子を連れてお見舞いに来ていた。
久しぶりに会う母を見て何もわからず無邪気にはしゃぐ息子さんを彼女は寂しそうに見ていた。

ある時、クラークの依頼で、彼女の闘病生活についての今後の意向調査の様な書類を提出することになり、『今、一番何がしたいか』と言う問いに「息子を抱きたい 」とあった。

日に日に成長する息子とは逆に日に日に体力が落ちていく彼女の気持ちを思うと涙が止まらなかった。
妻として母として、娘として女としての彼女を応援したい気持ちで私は働いていた。

ヨッシーさんの中で、「忘れてはいけない忘れられない看護の原点にしたいエピソード」ということで投稿してくれました。

看護師さんが涙する姿や、ヨッシーさんの心のこもった看護などを通して患者さんを想う気持ちが伝わってくるエピソードです。

中でも闘病生活の意向調査での患者さんの答えが強く印象に残りました。
母である患者さんと息子さんの様子の対比・・・なんとも言えない気持ちになります。

ヨッシーさんはその後すぐに外来に異動になり、この患者さんとはそれっきりだったそうです。

願わくはこの患者さんが息子さんを抱きしめられるくらい回復していると良いですね。

利用者満足度で選ぶならマイナビ看護師
  • どこよりも詳しい情報を教えてくれる
  • 応募前に求人先の病院をしっかり見ることができる
  • 一般企業や治験業界など病院以外の求人も多いのが特徴
マイナビ看護師【公式】

おすすめ記事

サポート力で選ぶなら看護のお仕事
  • 転職支援金最大12万円支給
  • カウンセリングに力を入れているのが特徴
  • 給与や福利厚生が充実した求人が豊富
看護のお仕事【公式】
求人数で選ぶならナース人材バンク
  • 全国10万件以上の看護師業界トップクラスの求人数!
  • 地方の求人も充実しているのが特徴
  • ブランクや復職、サポート制度あり
ナース人材バンク【公式】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

勤務交代時の申し送りが、ストレスになりませんか?

1.なる

37票

2.どちらともいえない

4票

3.ならない

1票

4.その他

0票

最近のコメント