定年退職のために節約を極めた看護師セツコの話

私の病院では、看護師を含む職員の定年は、60歳だ。
しかし、万年看護師不足なので、60歳を過ぎても、ベテラン看護師としてそのまま続けて勤務することが望まれている。

また、「定年だからって仕事を辞めたら、年金だけじゃとても生活できない!仕事を続けないと!」と言って、働く60代、70代ナースが三分の一を占めている。

もともと非常に安いお給料の病院なので、年金も驚くほど安くなってしまうらしい。

一体いくらなのか、恐ろしくて聞く勇気はない。
「聞くと将来に絶望するわよ。それでも聞きたい?」と言われているから、臆病な私には、とても聞けない。


だからなのか、これまで60歳になったからと言って、あっさり定年退職をした看護師は、私の病院にはいない。

その為、看護師の平均年齢は非常に高い。

「針先が見えない!」
「ちょっと、あんた! もっと大きな字で書きなさいよ!読めない!」

毎日誰かが、あちこちで言っている。
40代の私でも、まだ若手と言われるくらいだしな・・・。

そんな中、いつも地味で、もの静かなセツコさんの定年が、今年の3月になっていた。
定年退職、という言葉が死語となっているこの病院。

病棟師長は4月の勤務表を作成するために、セツコさんに「4月で休みの希望はある?」と聞いた。

するとセツコさんは 「え?私、この3月で定年ですよ。もう4月から来ませんけど。」 
といつものように、もの静かに言う。

「え? えーっ!? ちょっと! あなた、定年退職するつもり?」と病棟師長が驚いていう。

「はい。そのつもりですけど。」

「そんな、聞いてないわよ! 本当に、定年だからって、3月で辞めるの?!」

「3月4日が私の60歳の誕生日ですので、この3月31日で退職させて頂くつもりでしたけど。」

「困るわ・・・あなたも4月からの人数に入れてたのよ。
この病院で60歳で定年で辞める人なんて、今までいなかったから・・。」

困った病棟師長は、総師長に相談に行った。

総師長は、急いでセツコさんを呼び出し、

利用者満足度で選ぶならマイナビ看護師
  • どこよりも詳しい情報を教えてくれる
  • 応募前に求人先の病院をしっかり見ることができる
  • 一般企業や治験業界など病院以外の求人も多いのが特徴
マイナビ看護師【公式】

おすすめ記事

サポート力で選ぶなら看護のお仕事
  • 転職支援金最大12万円支給
  • カウンセリングに力を入れているのが特徴
  • 給与や福利厚生が充実した求人が豊富
看護のお仕事【公式】
求人数で選ぶならナース人材バンク
  • 全国10万件以上の看護師業界トップクラスの求人数!
  • 地方の求人も充実しているのが特徴
  • ブランクや復職、サポート制度あり
ナース人材バンク【公式】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

看護学生さん、自分の中でコレだ!という国試の勉強法はありますか?

1.あります!

1票

2.あるけど不安…

1票

3.ないです。

4票

4.その他

0票

最近のコメント