精神科から眼科へ転職。看護師の仕事内容の違いとやりがい、役割とは

命に関わるプレッシャーがないという点などで共通している精神科と眼科。眼科は手術を行う病棟か行わないクリニックかによって多少業務は異なりますが、基本的な看護スキルは求められることになります。

精神科と眼科の仕事内容の違い

手術を行う、行わない、で眼科の看護師の仕事内容は大きく異なります。精神科との業務の違いについてもそれぞれに分けて見ていく必要があります。

病棟で働く眼科看護師は手術が多い

精神科では行わない手術を病棟の眼科で働く看護師は多く行います。白内障や緑内障、網膜剥離など眼科での手術は短時間で終わるものが多く、次から次へとオペが行われることもあります。

そのスケジュールに合わせて、術前の説明や処置、オペ出し、術中の介助、術後のケアなどを行うため、外科的な知識や技術も学ぶことが出来ます。

クリニックや外来では主に検査業務

手術のないクリニックや外来では検査業務が看護師の主な仕事内容になります。視力検査や眼圧検査、視野検査など様々な検査業務を行います。

精神科で働いていて目にすることはない眼科独特の検査機器が多くあり、操作方法や取り扱いなどをまずは学ばなくてはなりません。

それぞれのやりがいと役割

QOLに深く関わる眼科は最先端の眼科治療に触れることができ、スペシャリストを目指そうという人もいます。精神科も眼科も高い専門性を身に付けることが魅力でやりがいも大きいと思います。

精神的な病を抱えている患者さんのケアを行う精神科では一つひとつ相手のことを考え、看護を行っていると思います。それによって社会や学校などに復帰する姿を見ることがやりがいに繋がる人も多いです。

眼科に転職してもこれはとても重要で、出来ることを増やしていく看護も求められます。視力が落ちている患者さんに対して全てを補助してあげるのではなく、出来るようにするためにどうすれば良いかを考えていくのです。

患者さんの視力や性格によってケアや補助などは様々で苦労することもたくさんありますが、その分やりがいに感じる看護師さんも多いと思います。

眼科に転職した看護師の声

手術あるなら白内障、緑内障、網膜剥離等の勉強必須です。

ないなら視力検査、眼圧測定、眼鏡合わせや眼底検査、視野検査等…眼科ならではの覚える事がかなりあります。

手術のある病院かないクリニックかによって覚えることも様々です。眼鏡やコンタクトを合わせる業務を行う眼科だとその分やることも増えるのでやりがい看護に合わせて、転職時には仕事内容をしっかりと事前に把握しておかなくてはなりません。

眼科を極めるのであれば大学病院→ORTさん常駐の眼科クリニックの流れで経験されるのをオススメします。

他の診療科も経験して眼科クリニックに転職し、関心を強く持って「眼科を極めたい」という方もいます。精神科で培った看護ケアを活かしつつ、眼科の専門性を高めてみたいと感じているなら大学病院からはじめてもいいのかもしれませんね。

症例も多く、さまざまなことを吸収し、その後の看護人生で活かすことが出来ると思います。

利用者満足度で選ぶならマイナビ看護師
  • どこよりも詳しい情報を教えてくれる
  • 応募前に求人先の病院をしっかり見ることができる
  • 一般企業や治験業界など病院以外の求人も多いのが特徴
マイナビ看護師【公式】

おすすめ記事

サポート力で選ぶなら看護のお仕事
  • 転職支援金最大12万円支給
  • カウンセリングに力を入れているのが特徴
  • 給与や福利厚生が充実した求人が豊富
看護のお仕事【公式】
求人数で選ぶならナース人材バンク
  • 全国10万件以上の看護師業界トップクラスの求人数!
  • 地方の求人も充実しているのが特徴
  • ブランクや復職、サポート制度あり
ナース人材バンク【公式】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

メーヨ台やカートの消毒方法、みなさんの病院ではどうしてますか?

1.アルコール消毒

4票

2.アルコール消毒+清潔リネン

0票

3.アルコール消毒+ディスポシーツ

1票

4.アルコール消毒+清潔リネン+ディスポシーツ

0票

5.火炎消毒

0票

6.オートクレーブ滅菌

0票

7.オートクレーブ滅菌+ディスポシーツ

1票

8.その他

0票

最近のコメント