精神科から神経内科へ転職。看護師に求められるスキルと仕事内容の違いとは

精神面の診療を行う精神科と神経内科は、とても混同しやすい働き方だと思います。しかし、実際には精神面のみを扱うのが精神科、それに身体面・社会面などを含めたケアを行うのが神経内科と異なる部分があるのです。

仕事内容や役割の違い

それぞれで扱う疾患についてまとめてみます。まずは精神科ですが、うつ病や躁病、神経症など心の病によって精神状態が崩れ、負のスパイラルに陥ってしまう患者さんへのケアを行います。

一方、神経内科では認知症や筋萎縮性側索硬化症、てんかん、パーキンソン病など精神面に加えて身体の一部だけでなく、全身にまで影響を及ぼす疾患を扱う特徴があります。

食事や排泄介助は神経内科のほうが多め

食事や排泄、移動など精神科も神経内科も同じように介助を行います。しかし、精神面のみではなく、身体面の病気も扱う神経内科ではこの業務が多くなります。

リハビリに関する仕事も多く、看護師のみではなく、医師や理学療法士、作業療法士、栄養士などと連携を取りながらチーム医療を実践するところも少なくありません。

メンタルケアはどちらも大切

急性期や回復期、慢性期と神経内科もありますが、完治を目的としたものではなく、上手に病気と付き合っていくことや病状の進行を遅らせていくことが目的となります。ですので、患者さんやその家族が抱えるストレスをいかに受け止め、軽減していくかも看護師の大切な役割なのです。

これは精神科の看護とも共通する部分が多々あり、スキルを活かすチャンスだと思います。現在、行っている心に寄り添える看護は神経内科に転職してからも大いに役立つものです。

精神科・神経内科に求められるスキル

疾患があるといっても人それぞれ症状のレベルも違えば、当然性格も違います。精神科では患者さん一人ひとりに合わせてじっくりと向き合い、どのような看護が必要なのかを考えて実行していると思います。

粘り強く、待てる性格が向いている

神経内科も精神科と同じで一人ひとり症状は違いますし、それぞれの向き合い方やリハビリに向かう姿勢なども異なります。そこで、看護師さんが諦めて投げ出すのではなく、地道に患者さんを支えていかなくてはなりません。

そのために、患者さんに合わせて相手のペースで出来るよう粘り強く待つ必要も出てきます。慢性期などリハビリが必要になると患者さんのモチベーションによってペースがより変わりますので、しっかりと忍耐強く待つことも必要です。

全てを看護するという気持ち

麻痺やしびれなどの他にも回復が難しいとされるパーキンソン病など難病にかかっている患者さんもいます。身体的なサポートと共に精神面や社会面についても看護を行っていかなくてはなりません。

ですので、身体の一部ではなく、全身を看護するという強い気持ちが必要とされています。その患者さんに寄り添い、いかに良い生活を送れるかをチームになって考え、実行できる看護師さんが神経内科に向いていると思います。

神経内科に転職した看護師の声

神経内科勤務です。コミュニケーションが一番難しいかと。

口ぱく、文字盤で訴えを聞きます。一つのことを理解するのに、かなりの時間と精神的な労力を使います。
患者さんもなかなか伝わらないので、いらいらされることも多いです。

様々な疾患がある患者さんがいるので、何かを理解するためにコミュニケーションは必須です。これは精神科で学んだスキルを十分に発揮できるところだと思います。

それと、疾患を知ることも大切です。それぞれの病気によって多少の特徴があるので、自分自身がストレスを抱えないためにも持続的な勉強が重要になります。

神経内科病棟のいいところは寝たきりの方が多いため、自分のペースで仕事をまわることができることです。
あと、コミュニケーションの方法は文字盤以外にもいろいろあり、アイコンタクトやうなずきだけでその患者さんが何をうったえているのかわかるとなんだか嬉しくなります!

わたしは外科も経験してますが外科よりこっちの方がすきです。

言葉によるコミュニケーション以外にも意思の疎通などで患者さんと心を通わせることにやりがいを覚える看護師さんもたくさんいます。忙しく、患者さんの気持ちを汲み取るのにも時間はかかるかもしれませんが、神経内科は仕事の充実感をたくさん覚えることの出来る働き方だと思います。

利用者満足度で選ぶならマイナビ看護師
  • どこよりも詳しい情報を教えてくれる
  • 応募前に求人先の病院をしっかり見ることができる
  • 一般企業や治験業界など病院以外の求人も多いのが特徴
マイナビ看護師【公式】

おすすめ記事

サポート力で選ぶなら看護のお仕事
  • 転職支援金最大12万円支給
  • カウンセリングに力を入れているのが特徴
  • 給与や福利厚生が充実した求人が豊富
看護のお仕事【公式】
求人数で選ぶならナース人材バンク
  • 全国10万件以上の看護師業界トップクラスの求人数!
  • 地方の求人も充実しているのが特徴
  • ブランクや復職、サポート制度あり
ナース人材バンク【公式】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

患者さんとの個人的な連絡先交換はあり?なし?

1.あり

1票

2.なし

2票

3.その他

0票

最近のコメント