技術面のスキルを高めたい!精神科を辞めたい看護師へのアドバイス

一般病棟に戻れなくなりそう、と不安を感じる看護師さんも多くいます。精神科のみの病棟だと院内研修でも精神看護のことのみなので、他の診療科の知識や技術が学べないのも原因の一つだと思います。

セミナーにチャレンジしてみては?

精神科の仕事が嫌いではなく、他の知識や技術を学びたいのであればセミナーに参加してみるのもいいと思います。日本全国で様々なセミナーが毎日のように開催されています。

休みの日を使って興味のあるセミナーに

メディカ出版や日総研など様々な会社で看護師向けのセミナーが行われています。看護知識だけでなく、技術に関する実践のセミナーもあるので、自分が興味があるものと休みに合わせて選んで参加してみると良いです。

知識や技術を学べるだけでなく、新鮮な知識を得ることで心の余裕ができ、不安な気持ちもちょっと少なくなると思いますよ。

今、不安なことだけで考えてはいませんか?

今やりたい看護、将来やりたい看護、それまでにやらなければいけない看護、一度頭の中で考えてみましょう。情報をちゃんと整理するために紙に書き出しても良いですね。

考えをまとめた上で、一時の感情ではないのならば自分のやりたい技術や知識が学べる診療科に異動や転職することを考えてもいいと思います。

でも、そうでないならば今の職場で精神科の技術や知識をそのまま学ぶのが良いかもしれません。転職であれば職歴が増えてしまい、その後のキャリアで不利に働くこともあるので、よく考えてから選択をして下さい。

他の診療科で学ぶこともいいのでは?

良く考えてみてやはり知識や技術を高めたいのであれば、同じ病院内での異動や転職によって他の診療科にチャレンジすることも良いと思います。一回離れてもしも、また精神科で働こうと思ったらその時に戻る選択をする方もいるようです。

病院内での異動で知識・技術を高める

今の職場が精神科単体でない場合なら異動願いを出して他の診療科にチャレンジしてみましょう。よほどのことがない限り、上司に相談して異動願いを出せば異動することが出来ます。

異動で他の診療科を学べるメリットは、「異動のしやすさ」と「もう一度精神科で働きたいと思った時の戻りやすさ」です。転職ではないので面接や履歴書を書く必要もなく、スタッフさんも変わらないので仕事はしやすいと思います。

転職で知識・技術を高める

他の病院などで不安な部分を補うのであれば、精神科があり、総合病院のようにその他にもいくつもの診療科があるところに転職することをおすすめします。理由は精神科の知識・技術も院内研修などで学ぶことが可能だからです。

院内研修に参加すれば、そのまま自分の気になる診療科を学びながら精神看護についても継続して習得できるので、出戻りの際もブランクを感じずに仕事に入ることが出来ると思います。

精神科が嫌で辞めたい理由と解決法

利用者満足度で選ぶならマイナビ看護師
  • どこよりも詳しい情報を教えてくれる
  • 応募前に求人先の病院をしっかり見ることができる
  • 一般企業や治験業界など病院以外の求人も多いのが特徴
マイナビ看護師【公式】

おすすめ記事

サポート力で選ぶなら看護のお仕事
  • 転職支援金最大12万円支給
  • カウンセリングに力を入れているのが特徴
  • 給与や福利厚生が充実した求人が豊富
看護のお仕事【公式】
求人数で選ぶならナース人材バンク
  • 全国10万件以上の看護師業界トップクラスの求人数!
  • 地方の求人も充実しているのが特徴
  • ブランクや復職、サポート制度あり
ナース人材バンク【公式】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

看護師として、バリバリ働きたいと思いますか?本当は、辞めたいですか?

1.バリバリ働きたい

1票

2.普通に程よく働きたい

3票

3.楽に働きたい

2票

4.短時間または少ない日数がいい

0票

5.辞めたい

0票

6.その他

0票

最近のコメント