小児科が嫌で辞めたい看護師の理由と解決法

小児科は子供を診る専門の診療科ですが、広い領域に渡って学ぶ必要があるので、想像していたよりもつらく大変だと感じる看護師さんが多いです。そのため、子供が好きだという理由だけでは中々勤まらない診療科です。

子供と接する難しさに悩む

環境の変化や、診察・治療の恐怖が原因でストレスを感じてしまう子供はたくさんいます。元気な時ならまだしも、体調の悪い状態やストレスを感じている子供の場合は接するのも一苦労です。子供が自分の指示をきちんと聞いてくれない、泣いて暴れる、そんな状況は珍しくありません。

最初は自分なりに上手く対処しようとしても、こうした状況が毎日のように続くことで次第に悩み、ストレスを感じてしまう原因となります。その結果、働くことに自信をなくして辞めてしまう人もいるのです。

【解決法】子供と接する難しさに悩んで辞めたい時のアドバイス

小児疾患の勉強範囲が広すぎて嫌になる

働く上で小児疾患について勉強する必要がありますが、想像以上に勉強範囲が広く、投げ出したくなってしまう人もいるでしょう。なぜなら、小児科で診るのは0歳の赤ちゃんから15歳頃までの子供と、年齢層が幅広いのです。

また、疾患は内科系のものから外科系のものまで広範囲に渡るので、必然的に勉強範囲が広くなってしまうのです。普段の忙しい勤務に加えて勉強に追われてしまうとなると、体力的にも精神的にも余裕がなくなってしまう人も多いと思います。中でも勉強大変さを理由に辞めるのは、新人看護師さんに多く見られます。

【解決法】小児疾患の勉強範囲が広すぎて辞めたい時のアドバイス

成人看護の経験を積めないから辞める

小児科で学ぶことは、今後の看護師としてのキャリアの中でも必ず役に立ちます。しかし当然のことですが、小児科では成人看護の経験を積むことができません。

小児科にこだわらず、様々な診療科で看護師としてのスキルを磨きたい、医療全般の経験を積みたいと考える人にとってはこれが大きな悩みとなってしまいます。

【解決法】成人看護の経験を積めないから辞めたい時のアドバイス

子供と接する難しさに悩んで辞めたい時

子供は大人の常識とかが通じない場合も多々あると思います。意思の疎通を通わせようとしても全然通じないこともありますし、何を考えているのか理解できないこともありますよね。

なので、まずは子供を理解してあげて下さい。一対一で話をしていてもイライラが募るだけかもしれません。

子供の気持ちを考えるために観察力をアップ

親との関係性や子供の発達段階などを含めて考えてあげると理解できることもあると思います。突き放してしまう前にどうしてこちらの指示を聞いてくれないのか、泣いているのか、一つ一つを理解するようにして下さい。

全てが初めから理解できなくてもその内一つでも理解できることが出来るでしょう。その積み重ねで子供への対応を学んでいくのです。

看護師向けコンサルタントに相談

子供を理解することができずにストレスが溜まり、精神的に重大なことが起こる前にコンサルタントに今の悩みを相談してみて下さい。看護師向けの転職サイトでコンサルタントが行われていて、転職を考えていない看護師さんでも受けることが出来ます。

同じような悩みを抱えた看護師さんの実体験など、今までのコンサルティングからアドバイスを行ってくれるサービスですので、一度話だけでも聞いてみると参考になることが多くあると思います。

コンサルタントに悩みを相談してみる

小児疾患の勉強範囲が広すぎて辞めたい時

辞めるという決断の前にアドバイスをもらうのはどうでしょうか。「勉強範囲が広すぎて何から手を付けていいのかわからない」、「必要な部分以外の所を重点的にやってしまっている」こういったケースも多くあります。

ベテランナースに気になる所を相談

本当に必要な部分が勉強できずに時間だけが過ぎていってしまって自己嫌悪になることもありますよね。ですので、長年小児科でやってきている先輩に相談してみるのです。

どの参考書を使っているのか、どこから勉強を始めればいいのか、など気になる所を聞いてみて下さい。もちろん、仕事中だと嫌がられることもあるので休憩中や就業後などが良いと思います。

自分でも考えながら実践していく

それと一気に全てを聞いてしまってはダメです。一つのことを質問して家に持ち帰り実践、その結果見えてきた疑問や出来た所などを自分の中で整理してからお礼と共にまた質問してみましょう。

そうするとただ教わっているだけでなく、自分で考えて勉強しているのだな、とより親身になって相談に乗ってくれますし、時間も取ってくれると思います。

社会人の基本「報告・連絡・相談」ではないですが、やってみたこと・考えたことをしっかりと伝えることで徐々に関係性も良くなり、仕事もしやすい環境に変わっていくでしょう。

成人看護の経験を積めないから辞めたい時

成人看護を学びたい、という気持ちがあるなら今のうちに異動や転職をすべきだと思います。この向上心は自分が成長するために一番大切なことだからです。

やる気のある内にやりたい看護を

やる気がない状態で何かをするのは本当に億劫ですよね。勉強する意欲も沸かなければ、仕事に対する熱意も低くなってしまいます。

ですので、今のうちに成人看護が学べる診療科へ移るのがベストだと思います。もしも、成人看護を学んでみて、また小児科に戻りたいな、と思ったらその時戻ればいいのです。

成人看護+小児科のある病院へ

転職を繰り返すと印象も悪いですし、労力もかかるので成人看護が学べてなおかつ小児科がある病院に転職すると、その後は異動だけで済むのでスムーズですよ。

成人看護が学べる職場へ転職

利用者満足度で選ぶならマイナビ看護師
  • どこよりも詳しい情報を教えてくれる
  • 応募前に求人先の病院をしっかり見ることができる
  • 一般企業や治験業界など病院以外の求人も多いのが特徴
マイナビ看護師【公式】

おすすめ記事

サポート力で選ぶなら看護のお仕事
  • 転職支援金最大12万円支給
  • カウンセリングに力を入れているのが特徴
  • 給与や福利厚生が充実した求人が豊富
看護のお仕事【公式】
求人数で選ぶならナース人材バンク
  • 全国10万件以上の看護師業界トップクラスの求人数!
  • 地方の求人も充実しているのが特徴
  • ブランクや復職、サポート制度あり
ナース人材バンク【公式】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

こんな看護リーダー、許せますか?

1.許せる

0票

2.どちらとも言えない

1票

3.許せない

14票

4.その他

1票

最近のコメント