形成外科が嫌で辞めたい看護師の理由と解決法

形成外科は整形外科や美容外科と混同されがちですが、皮膚の治療や顔・体の傷の治療、乳房再建など専門分野は全く異なります。体や顔の損傷だけでなく、精神的に傷を負った患者さんも多いため、心のケアにあたるのも看護師の重要な仕事です。

勉強の多さが理由で嫌になる

以前に外科を経験したことがあれば、知識や経験を生かしやすい職場ではあります。しかし、そうした経験が全くない場合は勉強する事が非常に多く、つらいと感じてしまう人もいるでしょう。

また、医療技術も日々進歩しているので常に新しいことを吸収し、学んでいく必要があります。仕事の後や勉強会など、プライベートな時間を削って勉強をしなければいけないことも多く、看護師さんが不満を抱えてしまう大きな理由となります。

【解決法】勉強の多さが理由で辞めたい時のアドバイス

コミュニケーションが苦手で辞めたい

患者さんの中には、外見にひどく不安を抱えている人も多いです。術前・術後の心のケアはもちろん、長期間に渡る治療の場合も患者さんに寄り添い、気持ちを理解してあげる必要があります。

それと患者さんだけでなく、患者さんの家族の対応も時として精神的な負担になってしまいます。コミュニケーションをとる事が好きな人や、患者さんのメンタルケアを得意とする人にとってはやりがいのある職場だと言える反面、コミュニケーションを苦手とする人にとっては苦痛に感じてしまうこともあります。

【解決法】コミュニケーションが苦手で辞めたい時のアドバイス

急変対応の経験が積めない

治療内容は患者さんによって様々なので、多くの症状の処置や対応を学ぶことができるのが形成外科のメリットです。しかし、患者さんの急変が少ないため、急変対応の経験を積めないのが悩みになってしまう看護師さんもいます。

形成外科の知識や処置だけでなく、患者さんの命に関わるような分野についても経験と知識をつけたいきたいと考える人の中には辞めるという選択をする方もいるのです。

【解決法】急変対応の経験が積めなくて辞めたい時のアドバイス

勉強の多さが理由で辞めたい時

プライベートを削ってまで勉強をしているのは辛いですよね。それが原因でストレスが溜まっていってしまうこともあると思いますし、仕事に対するモチベーションも上がりにくいでしょう。

先輩にアドバイスを求めてみる

そうなる前に先輩からのアドバイスを聞いてみるといいです。同じ職場で長く働いている先輩なら何かコツを知っているかもしれません。

どのような参考書を使っているのか、仕事後に何時間の勉強をすれば十分なのか、気になることを聞いてみて下さい。聞きたいことがいっぱいあっても一度に聞くと面倒臭いな、と思われてしまうかもしれないので小出しがおすすめです。

業務中ではなく、休憩中や就業後のちょっとした時間に質問してみましょう。その内、気にかけてくれて先輩から話しかけてくれることも増えてくると思います。

コミュニケーションが苦手で辞めたい時

コミュニケーションは患者さんだけではなく、同じ職場の医師や看護師さん、スタッフさんとも取らなくてはならないので克服を目指した方がいいと思います。看護師以外で働くにしてもコミュニケーションは大切ですからね。

コミュニケーション克服の3つのステップ

STEP1:笑顔の練習

ステップ1として笑顔を意識してみて下さい。笑顔は相手の緊張感を解くこともあり、接しやすい雰囲気が出せる大きなメリットがあります。自然な笑顔を作れるように鏡に向かって練習してみましょう。

STEP2:聞き手にまわる

そしてステップ2は聞き上手になることです。コミュニケーションが苦手な方の特徴は相手の話に対してどう反応したらいいのか、という悩みを持っている方が多いのです。

ならば逆に聞き役に回ってしまって相手の話を引き出すようにしてみて下さい。はい、はい、と頷きながら話を聞いていると相手がどのようなことを伝えたいのかが段々わかって自然と返しも出来るようになるでしょう。

STEP3:プロだと思い込む

最後のステップ3として自分をコミュニケーションのプロだと思い込むことです。無理やりにでも自信を持ってみると表情も明るくなり、相手からも話しかけられることが増え、コミュニケーションに慣れてくると思います。

やはり最初は慣れです。その第一歩を踏み出すために一つずつ積み重ねていってみて下さい。

その笑顔プライスレス!看護師の表情が患者に与える効果

急変対応の経験が積めなくて辞めたい時

急変時を学びたいのであれば、循環器科や救命救急などがいいと思います。常に緊張感があり、重篤な患者さんもいるため、急変時の対応を学ぶにはピッタリです。

循環器科でスピードと的確な判断を

循環器科の特徴としては救急搬送も多く、スピードと的確な判断、ケアが求められます。心電図やエコーなどについての知識も必要なため、様々な知識が身に付く診療科です。

向いている看護師さんは責任感があり、スキルアップをしたいと考えている方です。新しい治療法や検査の方法も学ぶことになるので勉強することがあまり苦にならない方のほうが働きやすいと思います。

救命救急で最新の知識と技術を

また、救命救急はあらゆる疾患や外傷を取り扱うので幅広い知識が求められます。最新の医療機器や知識も学べ、急変時の対応もとても多いです。

日々勉強することも多く、病棟内外で研修会もあるので向上心が高い看護師さんにおすすめです。

急変時の対応を学んでスキルアップできる職場へ転職

利用者満足度で選ぶならマイナビ看護師
  • どこよりも詳しい情報を教えてくれる
  • 応募前に求人先の病院をしっかり見ることができる
  • 一般企業や治験業界など病院以外の求人も多いのが特徴
マイナビ看護師【公式】

おすすめ記事

サポート力で選ぶなら看護のお仕事
  • 転職支援金最大12万円支給
  • カウンセリングに力を入れているのが特徴
  • 給与や福利厚生が充実した求人が豊富
看護のお仕事【公式】
求人数で選ぶならナース人材バンク
  • 全国10万件以上の看護師業界トップクラスの求人数!
  • 地方の求人も充実しているのが特徴
  • ブランクや復職、サポート制度あり
ナース人材バンク【公式】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

実習中のちょっとした息抜き、あなたはできていますか?

1.たくさん息抜きしてる

3票

2.あまりできていない

5票

3.そんな余裕はない

13票

4.その他

1票

最近のコメント