循環器科が嫌で辞めたい看護師の理由と解決法

循環器科では、心臓や血液に問題を抱えた患者さんの治療が行われています。内科でありながら投薬や検査以外に、カテーテルなどの治療が行われるため医療の知識が深まる一方、業務の大変さを感じる看護師も多いです。

心電図が読めなくてつらい

心疾患の患者さんを専門で診る診療科ですので、循環器科で働く看護師は心電図が読めなければいけません。しかし、心電図を読むのが苦手な看護師さんもいるでしょう。特に12誘導心電図は複雑なので、苦手意識を持つ人も少なくありません。

仕事を行う上で苦手な分野があると、人はどうしても精神的につらく感じてしまいます。循環器科で働く看護師さんの場合は、心電図が読めないという事がそれによく当てはまります。その結果、職場が嫌になり辞めるに至る理由になってしまう可能性があります。

【解決法】心電図が読めなくて辞めたい時のアドバイス

責任が重く精神的にきつい

緊張感のある空気や、緊迫した状況の多さは循環器科で見られる特徴です。特に専門とする心疾患は、小さなミスや判断の誤りが、患者さんの命に関わる大きな問題になってしまいます。そのため看護師にも責任が重くのしかかります。

こうした仕事で感じる責任感にやりがいを感じる人もいれば、精神的に追い込まれてしまう人もいます。比較的緩やかな環境で働きたいと思う人は、循環器科の独特な緊張感や雰囲気、そして責任の重さが精神的な負担になり合わないと感じてしまいます。

【解決法】責任が重く精神的にきつくて辞めたい時のアドバイス

残業が多いから辞めたい

循環器科で働くなかで残業は避けられません。心筋梗塞や不整脈、心不全の患者さんが救急搬送されてくることが非常に多い上に、入院している患者さんの容態が急変する緊急な状況も頻繁に起こります。

学ぶことが多く、専門的な知識が身につくためキャリアアップに繋がる診療科ですが、残業の多さが理由で気持ちが休まらないと感じてしまう人も少なくありません。また、家庭を持つ看護師さんの場合は、仕事と家事や子育てとの両立が難しいと悩む方も多いです。

【解決法】残業が多くて辞めたい時のアドバイス

心電図が読めなくて辞めたい時

辞める・辞めないの前に先輩から勉強法や教えてもらうことから始めてみてはどうでしょうか。やはり現場のことは現場の人に聞くことが一番の近道だと思います。

「読めない⇒辞める」ではなく、教わる

参考書を買って勉強したり、研修やセミナーに参加したけどわからない人もいますよね。でも本当に勉強法は合っているのか自分ではわからないものです。

ちょっとした休憩時間に先輩に勉強方法を聞いてみたり、仕事後などに時間を少し割いてもらって直接教えてもらうことがいいと思います。最初から心電図が読める方なんていません。先輩の経験から効率的な勉強の仕方を教えてもらうとわかりやすいでしょう。

それでもストレスならば辞める前に相談

先輩からのアドバイスも合わずに、ストレスが溜まっていってしまうなら同じく心電図に挫折してしまった看護師さんの経験を聞いてみて下さい。周りにいるならばその方に、いないならば看護師向けの転職サイトで聞くことが出来ます。

転職サイトというと身構えてしまいがちですが、転職ありきではなく、相談だけも可能なのです。その方がどうやって克服したのか、それとも職場を変えて頑張っているのか、など気になることを聞いてみて下さい。

同じ境遇の方の経験談を転職サイトで聞いてみる

責任が重く精神的にきつくて辞めたい時

責任感が重く、プレッシャーに感じてしまうのなら別の診療科に異動してもいいかもしれません。プレッシャーによって精神的な負担が原因で病気になる前に対応する必要があります。

職場を変えてプレッシャーを少なくする

精神科や眼科、皮膚科など命に関わることの少ない診療科はたくさんあります。技術面などの成長はそれほど見込めないかもしれませんが、プレッシャーは少なく働くことができます。

同じ病院内にある場合にはそうした診療科に異動することも一つの手です。

急性期からリハビリ期の循環器科へ

また、急性期の循環器科で働いている場合は、リハビリ期の病棟に転職してもいいでしょう。急変が多くてやることも覚えることもたくさんあってプレッシャーに感じているならなおさらです。

リハビリ期の循環器科は急変が少なく、精神的にストレスを抱えることも大分少なくなると思います。循環器科の仕事は好きだけど…、といった方は一度考えてみてもいいかもしれません。

リハビリ期の循環器科でプレッシャー少なく働く

残業が多くて辞めたい時

循環器科の仕事は嫌いではないけど、残業が多くて嫌だなと思う看護師さんも多いですね。残業だけが気になる、という考えなら残業時間の少ない循環器科に転職するといいと思います。

残業の少ない循環器科への転職

1日に3時間以上残業して、しかもそれがサービス残業・・・そんな思いをしている看護師さんもいますよね。でも、全ての病棟の循環器科で残業が多い訳ではありません。

多少は必要になるかもしれませんが、月に10時間以下という病棟もあるのです。これは病棟の雰囲気やスタッフの人数などによって本当にバラバラです。

実際の残業時間を確かめる方法

学生時代の友達や知り合いの看護師さんなどに実際の残業時間を聞いてみて辞めるかどうかを決めてもいいと思います。やはり一番は実際に働く方に聞いた方が間違いないですからね。

気になる職場に知り合いの方がいない場合には、看護師向けの転職サイトで教えてもらうことが出来ます。気になる職場がない場合にも「なるべく残業の少ない循環器科」と希望すればリストアップしてくれるので、転職するつもりでなくても聞いてみると他の職場がよく見えてくると思います。

働く看護師さんの残業時間を聞いてみる

利用者満足度で選ぶならマイナビ看護師
  • どこよりも詳しい情報を教えてくれる
  • 応募前に求人先の病院をしっかり見ることができる
  • 一般企業や治験業界など病院以外の求人も多いのが特徴
マイナビ看護師【公式】

おすすめ記事

サポート力で選ぶなら看護のお仕事
  • 転職支援金最大12万円支給
  • カウンセリングに力を入れているのが特徴
  • 給与や福利厚生が充実した求人が豊富
看護のお仕事【公式】
求人数で選ぶならナース人材バンク
  • 全国10万件以上の看護師業界トップクラスの求人数!
  • 地方の求人も充実しているのが特徴
  • ブランクや復職、サポート制度あり
ナース人材バンク【公式】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

休みの日にバイトするタフなナースも。あなたの職場は副業OKですか?

1.副業OK

0票

2.副業不可

2票

3.内緒でやっている

0票

4.その他

0票

最近のコメント