呼吸器内科が嫌で辞めたい看護師の理由と解決法

呼吸器系の病気を専門とし、肺炎や急性気管支炎、肺がんなどの治療にあたるのが呼吸器内科です。近年では慢性閉塞性肺疾患(CODP)の患者数が増加していて、高齢者の患者さんが急増しています。

患者の急変や緊急が多くて辞めたい

呼吸器内科では呼吸器系の病気を持った患者さんへの看護を行うため、常に急変や緊急に備えて準備しておく必要があります。知識だけでなく、とっさな判断で対応しなければいけない状況も多く、呼吸器内科での仕事は決して楽ではありません。

常に緊張した状態が看護師にとって精神的なストレスなり、つらいと感じてしまうこともあります。特に呼吸器内科に入ったばかりだと知識や技術がなく、急変にあたっても何をしたら良いかわからないので怖いと感じ、辞めたいという思いに繋がることもあります。

【解決法】急変や緊急が多くて辞めたい時のアドバイス

呼吸器内科は残業が多くてつらい

上でも述べたように呼吸器内科は急変への対応をすることもあり、残業が多くなりがちな傾向にあります。残業が多いというのは体力的にもですが、精神的にもきつく感じてしまうものです。

残業が多いことでプライベートな時間が持てないのはつらいですし、家庭を持つ人であれば家事や育児と両立が難しいと感じるようになってしまいます。仕事中心の生活は嫌でもリフレッシュするための時間も少なからず削らなくてはならないため、ストレスを抱えることも多いです。

【解決法】残業が多くて辞めたい時のアドバイス

膨大な勉強量が必要

呼吸器内科の看護師さんが辞めたいと感じる理由で「勉強量」を挙げる方がとても多いのです。仕事内容は採血や検査、そして点滴といった基本的な事だけではありません。

呼吸器内科では人口呼吸器を頻繁に使うため、器械の扱い方を学ぶ必要がありますし、抗がん剤や分子標的治療薬などについても学ぶ必要があります。

特に呼吸器系の病気には、医学の進歩と共に新しい治療法が出てくるものも多く、常に勉強を行わなければいけません。日々の業務に加えて、膨大な量の勉強が必要になることで気持ちが追い込まれてしまい、余裕がなくなる看護師さんも少なくありません。

【解決法】勉強量が多くて辞めたい時のアドバイス

患者さんの急変や緊急が多くて辞めたい時

今のまま呼吸器内科で働き続けても急変や緊急が少なくなることはありません。それによって心が大きな負担を抱えすぎるとうつ病など精神的な病気にもなりかねません。

少しの間、お休みするという選択肢

急変が多くて精神的なストレスを抱えている場合には、少し看護師の仕事をお休みするのもいいかもしれません。自分が思っている以上にストレスは溜まっていることが多いので、厳しいと思った場合には休憩というのも選択肢の一つだと思います。

自分の気持ちが落ち着いてまた働きたいな、と思うまでお休みする看護師さんも少なくありません。職場を辞めなくても師長さんなどに理由を話し、お休みさせてもらう人もいます。その際、診断書もあるとスムーズにお休みすることができるようです。

異動や転職でストレスを軽減する

精神的負担が大きいなら急変のない、穏やかな雰囲気で働ける診療科に異動や転職するのもいいでしょう。例えば療養型病棟や回復期リハビリテーション病棟、精神科、整形外科などがあります。

ゆったりと働ける環境は忙しさからくるイライラでギスギスした人間関係にもなりづらいです。そのため、精神的なストレスも大分少なくなると思います。

職場を変える前に相談してみる

もう辛くて嫌だ、と辞めたいことだけを考えて転職をして後悔する看護師さんも多くいます。もしかすると、今の職場でもう少し耐えることで感じ方が変わってくるかもしれません。

ですので、転職の前に「辞めることが本当に必要かどうか」の相談をしてみて下さい。

看護師向けの転職サイトにはコンサルタントがあなたの悩みのカウンセリングをしてくれます。転職ありきではなく、相談だけでも利用できるので、後悔する前にまずは自分の悩みを聞いてもらうと良いと思います。

コンサルタントに悩みを相談してみる

残業が多くて辞めたい時

ある程度の残業は仕方がないと思っていても毎日数時間もだと嫌になってきますよね。残業時間を減らすためには他の診療科に異動するか、他の病棟の呼吸器内科に転職する方法があると思います。

異動で残業の少ない診療科へ

他の診療科でも良いなら同じ病棟内での異動なのでスムーズにできるでしょう。そこで師長などに相談する時は残業が多いことによって家庭との両立が難しい、などしっかりとした理由を話したほうが異動しやすいです。

あいまいな理由だと残業時間をどうにかするからそれまでちょっと待って、と引き伸ばされてしまう可能性もあります。そうならないためにしっかりとした断られない理由と希望する診療科の看護師さんに実際の残業時間を聞いておくといいですね。

転職で残業の少ない呼吸器内科へ

もしも呼吸器内科が嫌いではなく、残業のみが辞めたい理由であれば他の病棟の呼吸器内科の残業時間をしっかりと調べてから転職活動に入ると良いです。希望の職場に学生時代の友達などがいるならば聞いてみて情報を収集しておくと間違いありません。

それと気になる職場があるけど情報が聞けない場合は、看護師の転職サイトで教えてもらえます。気になる職場のある・なしに関わらず、実際に働く看護師さんから直接聞いてくれるので、残業時間の少ない病院をピックアップしてくれます。

自分のキャリアの相談なども出来るので、「絶対に転職だ」と思っていなくても利用するメリットはあると思います。

コンサルタントにまずは相談してみる

勉強量が多くて辞めたい時

最新の知識や技術だけでなく、器械の扱い方など仕事以外の時間にもたくさんの勉強が必要になります。呼吸器内科は特に多いかもしれませんが、どの診療科も勉強は不可欠になります。

膨大な勉強量になり、「全部やらなきゃ」と詰め込みすぎるとパンクしてしまうこともあると思います。ですので、考え方を変えてみるといいでしょう。

考え方を変えて勉強を苦にしない

例えば、平日は勉強する時間が少ないから休日に思い切ってやろう、と考えるとします。リフレッシュをしたい気持ちを抑えて、休日に詰め込もうとするからどんどん嫌になって辞めたいに繋がってしまうと思うのです。

残業があったりで仕事がどんなに忙しくても実際は平日でも30分くらいは時間が取れますよね。1つでも気になったことや振り返らなくてはならないことをやっておけばその分休日を自分の時間に使うことができます。仕事終わりでの勉強はしんどいかもしれませんが、ストレスはその分少なくなると思います。

それと、先輩からアドバイスをもらってもいいでしょう。勉強方法や時間など自分が追いついてないな、と思う部分について質問してみるとまた違った意見が聞けるかもしれません。

利用者満足度で選ぶならマイナビ看護師
  • どこよりも詳しい情報を教えてくれる
  • 応募前に求人先の病院をしっかり見ることができる
  • 一般企業や治験業界など病院以外の求人も多いのが特徴
マイナビ看護師【公式】

おすすめ記事

サポート力で選ぶなら看護のお仕事
  • 転職支援金最大12万円支給
  • カウンセリングに力を入れているのが特徴
  • 給与や福利厚生が充実した求人が豊富
看護のお仕事【公式】
求人数で選ぶならナース人材バンク
  • 全国10万件以上の看護師業界トップクラスの求人数!
  • 地方の求人も充実しているのが特徴
  • ブランクや復職、サポート制度あり
ナース人材バンク【公式】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

看護師国家試験の勉強はいつから始めましたか?

1.7月以前

3票

2.8月

2票

3.9月

0票

4.10月

1票

5.11月

0票

6.12月

8票

7.その他

2票

最近のコメント