ICUが嫌で辞めたい看護師の理由と解決法

ICU(集中治療室)では重篤な患者さんを24時間体制で治療しています。一般的にICUで3年以上経験を積むと、どの診療科にいっても通用すると言われているほど看護技術や知識を学べる一方、早期退職者が多いのもこのICUなのです。

ICUは夜勤が多くて辞めたい

入院施設のある病棟などの医療機関で夜勤があるのは当たり前ですが、その中でも大変な診療科の一つにICUがあります。ICUとはそもそも重症患者や術後の特別なケアを必要とする患者が入院する場所です。

そのため、一般病棟とは事なり通常適用される72時間という夜勤の決まりは適用外となってしまいます。ですから、毎月一般病棟の倍近い数の夜勤業務を行います。

夜勤が多いことで生活のリズムを保つのが難しいですし、体力的にもつらいので辞めたいと感じる事も多くなります。それが原因で自分の健康に支障をきたす可能性も出てくるので注意が必要です。

【解決法】夜勤が多くて辞めたい時のアドバイス

重症患者が多く精神的につらい

一般病棟であれば、少しずつ元気になる患者さんを見てやりがいを感じる看護師さんも多いと思います。時には患者さんから嬉しい言葉をかけてもらったり、他愛無い世間話で盛り上がることもあるでしょう。

ですが、重症患者さんが入院するICUではそういうことばかりではありません。常に緊迫した状況に置かれていますし、患者さんの辛い状況を目の当たりにする機会もあります。そういった場面を多く目にしてしまうと精神的につらいと感じてしまう看護師さんも多いです。

【解決法】重症患者が多くて辞めたい時のアドバイス

責任が重くプレッシャーに耐えられない

医療現場はどこであろうとミスが許されません。中でもICUは小さなミスが原因で患者さんを命の危険に晒してしまう可能性があるため、緊張が常についてまわります。

また、ICUには特別な器械が沢山備わっており、操作に必要な細かな扱いもしっかりと覚える必要がありますし、瞬時の判断力も欠かせません。

そうした責任の重さにストレスを感じて嫌になってしまったり、プレッシャーに耐えられなくなりICUを辞めたいという考えに至ってしまうこともあります。

【解決法】責任が重くて辞めたい時のアドバイス

夜勤が多くて辞めたい時

夜勤の多さから生活リズムが崩れて不眠症など体調を崩してしまったり、プライベートの時間が取れない、などで辞めたいと感じる場合には他の診療科にうつった方がいいかもしれません。

ただ夜勤が辛いからという理由で師長さんに相談しても他の人もやっているのに…となりますし、例えそれで夜勤を減らしてもらっても周りからの目は厳しいものになる可能性があります。

異動はちゃんとした理由を付けて

「プライベートを充実させたい」という理由だとさすがに難しいかもしれないので、体調不良が原因だと伝えるとしょうがないという雰囲気になりやすいです。

実際に医師の診断書があればより異動しやすいと思いますので、体調が悪い場合には一度受診されることをおすすめします。

夜勤の少ない診療科で心身共にリラックス

そのまま続けていると体力的のみではなく、精神的にも限界を迎えてしまう可能性があります。時には看護師をもうやりたくない、ということにもなるようです。

なので、思い切って夜勤のない職場に転職することも一つの方法だと思います。例えば、デイサービス。夜間に仕事することがなく、利用者の方と楽しみながら仕事が出来るため、やりがいを感じる看護師さんも多いです。

このような働き方で精神的にも肉体的にも負担の少なくするのも良いでしょう。

転職で夜勤の悩みを解決する

重症患者が多くて辞めたい時

小さなミスが命の危険にも繋がるICUでは緊張感から精神的な負担が大きくなってしまう看護師さんも多いです。その分、患者さんが元気になった時にやりがいを感じることもありますが、プレッシャーの方が勝ることもあると思います。

そんな時には少しゆったりとした働き方で心を落ち着けてもいいのではないでしょうか。看護師としてのキャリアは続けつつ、緊張感が比較的少ない働き方を選ぶ方も多くいます。

ゆったりとした働き方におすすめ

例えば、療養型病院。救急車の搬送や手術もなく、一人ひとりの患者さんに余裕のある中で丁寧な看護ができます。残業もほとんどゼロの所が多いので、プライベートも充実させることができると思います。

また、介護施設やデイサービスなども比較的ゆっくりと業務にあたれるので急性期を一旦休憩しようかな、という看護師さんの転職も多いようです。

転職で心身共に疲れを癒す

「辞める」の前に相談を

重症患者さんが多く、精神的なストレスから辞めたいと思ってもすぐに決断しないほうが良いと思います。簡単に異動や転職をしてしまい、後悔してしまう場合もあるからです。

ならば、その前に今の現状を看護師専門のコンサルタントに相談してみましょう。本当に辞めるべきなのか、それとももう少し続けるべきなのか、転職する気がまだない人でも相談できるので今の悩みを聞いてもらうだけでも少し楽になると思います。

責任が重くて辞めたい時

看護師のお仕事は全ての職場で少なからず責任を負うことになります。でもICUの看護師さんは特にストレスを抱えているようです。

勉強量も多く、嫌になったら

看護の技術面だけではなく、様々な機器や最先端の医療の勉強もしなくてはならず、重圧に耐え切れないこともあると思います。精神的に病んでしまい、仕事に行くのが嫌になることもあるようです。

そこまでの状態になったらまずは休んだ方がいいかもしれません。精神的に限界の状態で次の職場で頑張るぞ、とはなりにくいですし、そのまま働いていると重大なミスに繋がりかねません。

休職、もしくはリフレッシュ

ですので、一旦看護師の職を離れるか、もしくはこの機会だからやってみたいと思う働き方でリフレッシュするといいと思います。

看護師の資格を活かして旅行に同行するツアーナース、ライブ会場などで救護室に待機するイベントナースなどはプレッシャーも少なく、気分転換にもなります。

また看護師として病棟などでバリバリと働きたい、と思うまでゆっくりするのもいいのではないでしょうか。

気になる仕事を見つけてみる

利用者満足度で選ぶならマイナビ看護師
  • どこよりも詳しい情報を教えてくれる
  • 応募前に求人先の病院をしっかり見ることができる
  • 一般企業や治験業界など病院以外の求人も多いのが特徴
マイナビ看護師【公式】

おすすめ記事

サポート力で選ぶなら看護のお仕事
  • 転職支援金最大12万円支給
  • カウンセリングに力を入れているのが特徴
  • 給与や福利厚生が充実した求人が豊富
看護のお仕事【公式】
求人数で選ぶならナース人材バンク
  • 全国10万件以上の看護師業界トップクラスの求人数!
  • 地方の求人も充実しているのが特徴
  • ブランクや復職、サポート制度あり
ナース人材バンク【公式】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

勤務開始時間のどのくらい前に勤務を開始していますか?

1.10分前からギリギリに勤務開始

0票

2.10~30分前

2票

3.30分以上

4票

4.その他

0票

最近のコメント