つまり,業務中の必要な「大きな声」は望ましいけれど,不要な「大きな声」はクレームの原因となる可能性があり,注意が必要だと言えます。

医療機関で医療や事務に従事している職員は,普段から高齢者や認知症の方と話すためか,声が大きくなる傾向にあります。実際に,ナースステーションで話す看護師の話し声や笑い声に対し「大きい!」「うるさい!」「病気で辛い思いをしているのに!」「患者個人の情報が筒抜け!」などのクレームが発生する場合もあります。

このような,守秘義務違反や個人情報保護という感覚が欠落している場合は,もちろん問題ですし,注意が必要です。ただ,患者の状態に合った「伝わる話し方」をするのは医療従事者として当然のことであり,望ましいコミュニケーションと言えます。

利用者満足度で選ぶならマイナビ看護師
  • どこよりも詳しい情報を教えてくれる
  • 応募前に求人先の病院をしっかり見ることができる
  • 一般企業や治験業界など病院以外の求人も多いのが特徴
マイナビ看護師【公式】

おすすめ記事

サポート力で選ぶなら看護のお仕事
  • 転職支援金最大12万円支給
  • カウンセリングに力を入れているのが特徴
  • 給与や福利厚生が充実した求人が豊富
看護のお仕事【公式】
求人数で選ぶならナース人材バンク
  • 全国10万件以上の看護師業界トップクラスの求人数!
  • 地方の求人も充実しているのが特徴
  • ブランクや復職、サポート制度あり
ナース人材バンク【公式】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

看護師は勤務がバラバラ。。。あなたは連休とまばらに休むの、どちらが好き?

1.連休

1票

2.まばら

0票

3.どちらでも良い

1票

最近のコメント