高齢の患者さんと会話をするときのコツは、まず患者さんの話を肯定し、受け入れること。

病気になったり入院することに対して落ち込んで気力が無くなっている患者さんに対しては、まず患者さんの思いを受け止め、理解してあげることが大切です。
認知症の症状で頑固になったり、意味の通じないことを言ったり、興奮している患者さんも、頭ごなしに否定してしまうと自分が受け入れられないと感じ、よけい主張が強くなったり興奮したりしてしまいます。その場合は少し見守り、否定せず、患者さんの言ったことを「○○なんですね」と繰り返したりすると患者さんの気持ちも落ち着きやすくなります。

利用者満足度で選ぶならマイナビ看護師
  • どこよりも詳しい情報を教えてくれる
  • 応募前に求人先の病院をしっかり見ることができる
  • 一般企業や治験業界など病院以外の求人も多いのが特徴
マイナビ看護師【公式】

おすすめ記事

サポート力で選ぶなら看護のお仕事
  • 転職支援金最大12万円支給
  • カウンセリングに力を入れているのが特徴
  • 給与や福利厚生が充実した求人が豊富
看護のお仕事【公式】
求人数で選ぶならナース人材バンク
  • 全国10万件以上の看護師業界トップクラスの求人数!
  • 地方の求人も充実しているのが特徴
  • ブランクや復職、サポート制度あり
ナース人材バンク【公式】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

勤務開始時間のどのくらい前に勤務を開始していますか?

1.10分前からギリギリに勤務開始

0票

2.10~30分前

2票

3.30分以上

4票

4.その他

0票

最近のコメント