元夫氏は、めでたく、研修医生活を終了。勤務医として、医局より指示されたのは、地方都市での病院でした。

当然の如く、元夫は、一緒に付いてきてほしいと希望しましたが、病院での勤務が楽しく、それなりのポジションを確立していたので、私はNOの選択をしました。

この選択が、私たちの関係を破綻させたスタートとなりました。

決して、仕事を選択したことに、後悔しているわけではないですが。

利用者満足度で選ぶならマイナビ看護師
  • どこよりも詳しい情報を教えてくれる
  • 応募前に求人先の病院をしっかり見ることができる
  • 一般企業や治験業界など病院以外の求人も多いのが特徴
マイナビ看護師【公式】

おすすめ記事

サポート力で選ぶなら看護のお仕事
  • 転職支援金最大12万円支給
  • カウンセリングに力を入れているのが特徴
  • 給与や福利厚生が充実した求人が豊富
看護のお仕事【公式】
求人数で選ぶならナース人材バンク
  • 全国10万件以上の看護師業界トップクラスの求人数!
  • 地方の求人も充実しているのが特徴
  • ブランクや復職、サポート制度あり
ナース人材バンク【公式】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

あなたにとって、看護学校選びにあったらいい情報は何ですか?

1.学校のカリキュラム

1票

2.学校の講師、教師の情報、特徴

0票

3.国家試験の合格率、就職、進学先

5票

4.学校独自の特徴、行事

1票

5.学生の様子(勉強事情、バイト事情など)

4票

6.学生の年齢層、通学事情、出身校

3票

7.実習情報、校内演習の様子

2票

8.学費、奨学金など、必要な費用のこと

4票

9.その他(コメントへ)

0票

最近のコメント