もちろんクリティカルパスは、ガントチャートからきている、管理ツールが出発点なので、時間軸が重要だとは思います。

これらの管理ツールを的確に活用することで、医療の標準化が進み、無理、ムダ、ムラが省かれた結果としての在院日数の短縮であると理解していますが、現場はそれが目的化する傾向にあります。

患者とアウトカムと共有するまでの過程、クリニカルパス作成の過程、バリアンス分析のフィードバック それぞれが意味のあることだと思いますが、そこにいたるまでのパスを作って尾終わり!にならないパスを作りたいと思っています。

利用者満足度で選ぶならマイナビ看護師
  • どこよりも詳しい情報を教えてくれる
  • 応募前に求人先の病院をしっかり見ることができる
  • 一般企業や治験業界など病院以外の求人も多いのが特徴
マイナビ看護師【公式】

おすすめ記事

サポート力で選ぶなら看護のお仕事
  • 転職支援金最大12万円支給
  • カウンセリングに力を入れているのが特徴
  • 給与や福利厚生が充実した求人が豊富
看護のお仕事【公式】
求人数で選ぶならナース人材バンク
  • 全国10万件以上の看護師業界トップクラスの求人数!
  • 地方の求人も充実しているのが特徴
  • ブランクや復職、サポート制度あり
ナース人材バンク【公式】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

未来の看護師さんへ、看護学校受験のアドバイスをみんなでおくろう!!

1.勉強法、押さえておくべきポイント

1票

2.勉強だけではダメ!息抜きの方法

3票

3.受験前の心構え

1票

4.その他

0票

最近のコメント