急性期病棟、看護師2年目ですが、一杯一杯になる前にSOSを出すことが大事って最近気づきました。

看護師2年目です。
まだまだ修行中の毎日です。

急性期の病棟で働いていますが、患者さんの様態が急変することが多く、気持ち的にも、張りつめてて、苦しく感じる時があります。
仕事が重なって、自分の中でパンクしそう、自分だけでは手が足りなくて、先輩には頼みにくいし・・・なんてこともあります。

そんな時は、


一杯一杯になる前にSOSを出すことが大事って最近気づきました。

自分一人では1時間かかる仕事でも、助けてもらって20分で終わりました。
ぎりぎりでは手遅れになります。

看護はチームなんだと実感!です。

チーム力を感じた瞬間、とても大きな安心感とこの場所にいて良かったと思いました。
1+1が3とか4になることって、本当にあるんだなと実感!

看護学校の実習も一緒で、チームで働ける人かどうか問われているのだと思います。
私も、ほかのメンバーの動きを見て、助けられるようになりたいです。

利用者満足度で選ぶならマイナビ看護師
  • どこよりも詳しい情報を教えてくれる
  • 応募前に求人先の病院をしっかり見ることができる
  • 一般企業や治験業界など病院以外の求人も多いのが特徴
マイナビ看護師【公式】

おすすめ記事

サポート力で選ぶなら看護のお仕事
  • 転職支援金最大12万円支給
  • カウンセリングに力を入れているのが特徴
  • 給与や福利厚生が充実した求人が豊富
看護のお仕事【公式】
求人数で選ぶならナース人材バンク
  • 全国10万件以上の看護師業界トップクラスの求人数!
  • 地方の求人も充実しているのが特徴
  • ブランクや復職、サポート制度あり
ナース人材バンク【公式】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

あなたの職場では申し送りにSNSを利用していますか?

1.利用している

2票

2.どちらともいえない

0票

3.利用していない

7票

4.その他

1票

最近のコメント