看護師養成所の専任教員となることのできる者は、次のいずれにも該当する者であること。ただし、保健師、助産師又は看護師として指定規則別表三の専門分野の教育内容(以下「専門領域」という。)のうちの一つの業務に三年以上従事した者で、大学において教育に関する科目を履修して卒業したものは、これにかかわらず専任教員となることができること。

ア 保健師、助産師又は看護師として五年以上業務に従事した者
イ 専任教員として必要な研修*1を修了した者又は看護師の教育に関し、これと同等以上の学識経験を有すると認められる者

*1とは、(ア)から(ウ)までのいずれかの研修のことをさす

(ア)厚生労働省看護研修研究センターの看護教員養成課程
(イ)厚生労働省が認定した看護教員養成講習会(旧厚生省が委託実施したものを含む。)
(ウ)国立保健医療科学院の専攻課程(平成一四年度及び平成一五年度旧国立公衆衛生院の専攻課程看護コースを含む。)及び専門課程

利用者満足度で選ぶならマイナビ看護師
  • どこよりも詳しい情報を教えてくれる
  • 応募前に求人先の病院をしっかり見ることができる
  • 一般企業や治験業界など病院以外の求人も多いのが特徴
マイナビ看護師【公式】

おすすめ記事

サポート力で選ぶなら看護のお仕事
  • 転職支援金最大12万円支給
  • カウンセリングに力を入れているのが特徴
  • 給与や福利厚生が充実した求人が豊富
看護のお仕事【公式】
求人数で選ぶならナース人材バンク
  • 全国10万件以上の看護師業界トップクラスの求人数!
  • 地方の求人も充実しているのが特徴
  • ブランクや復職、サポート制度あり
ナース人材バンク【公式】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

PNS(パートナーシップ・ナーシングシステム)についてどう思いますか?

1.良いと思う(導入してほしい)

2票

2.どちらでもない

3票

3.あまり良い印象はない(導入しなくてよい)

13票

4.その他

1票

最近のコメント