全国訪問ボランティアナースの会 キャンナスの代表を務める菅原由美さん。

自身の育児、身内の介護体験から、有償ボランティアの訪問看護を立ち上げた看護師だ。度重なる制度改正や行政との対立、そして2011年の東日本大震災での被災地支援。多くの壁を乗り越えた菅原さんは、地域の課題を解決する方法は、「生活の視点で人を見る看護」だと力強く話してくれた。

利用者満足度で選ぶならマイナビ看護師
  • どこよりも詳しい情報を教えてくれる
  • 応募前に求人先の病院をしっかり見ることができる
  • 一般企業や治験業界など病院以外の求人も多いのが特徴
マイナビ看護師【公式】

おすすめ記事

サポート力で選ぶなら看護のお仕事
  • 転職支援金最大12万円支給
  • カウンセリングに力を入れているのが特徴
  • 給与や福利厚生が充実した求人が豊富
看護のお仕事【公式】
求人数で選ぶならナース人材バンク
  • 全国10万件以上の看護師業界トップクラスの求人数!
  • 地方の求人も充実しているのが特徴
  • ブランクや復職、サポート制度あり
ナース人材バンク【公式】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

PNS(パートナーシップ・ナーシングシステム)についてどう思いますか?

1.良いと思う(導入してほしい)

2票

2.どちらでもない

3票

3.あまり良い印象はない(導入しなくてよい)

13票

4.その他

1票

最近のコメント